FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.02.27
2020年2月第四週 フライメディアのおススメ!★最新中華圏ニュース★

2020年2月第四週 フライメディアのおススメ!

★最新中華圏ニュース★


★身を挺してウイルスと戦った市民を、武漢は永遠に忘れない
湖北省武漢市の呼吸科医師、彭銀華さんは間もなく結婚式を控えていたが、新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療にあたるなかで自らもウイルスに感染して重症化し、29歳の若さで死亡した。47歳の肖賢友さんは新型肺炎の重症患者として入院していた病院のベッドで「わたしの遺体を国に提供して欲しい」と記した翌日、力尽きた。ウイルス感染の震源地・武漢では、人びとが必死にウイルスと戦っている。そして人びとは、自分の命をウイルスとの戦いに捧げた彼らのことを忘れないだろう。
(出典 中国サイト:https://news.sina.com.cn/s/2020-02-22/doc-iimxyqvz4886799.shtml

★同じ病院で新型ウイルス患者治療に身を捧げる若き夫婦
武漢市の小児科病院で看護師として働く女性・王さんの夫は、同じ病院の医師だ。同じ職場で愛を育みゴールインした2人だが、今はわずか100メートルほどの場所にいながら会うことができない。新生児隔離室でケアをする王さん、救急診療科で新型ウイルスに感染した子どもの治療にあたる夫は毎日、ビデオチャットでお互いを励まし合う。ウイルスの流行が収まったら、まだ撮影していなかった結婚写真を撮るとともに、共に戦った記念として防護服姿のツーショット写真も残したいとのことだ。
(出典 中国サイト:https://new.qq.com/omn/20200213/20200213A0OW1B00.html

★外出禁止の武漢市内で見られる「買い物風景」
新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出が制限されている団地の住民たちは、ネット注文や地域のボランティアを頼りに食材や日用品を調達している。いかにして他人と接触せずに物を受け取るかが思案のしどころで、様々なアイデアが試みられている。もっともポピュラーなのは、家の窓などからフック付きのロープを下ろし、商品の入った袋を引っかけたうえで引き上げるという方法で、市内の各地でこのような光景が見られるという。
(出典 中国サイト:http://slide.news.sina.com.cn/s/slide_1_2841_437457.html#p=1

★北京の食品店で、無接触の「ブランコ式販売」がお目見え
人との接触を極力避ける取り組みが続く中国の北京市の持ち帰り食品店で、「ブランコ式販売」という画期的な販売方法が発明された。まず、店外にいる客が窓に向かって大声で注文する。すると店員が屋根からロープで吊るされた「ブランコ」に商品を入れて客に向けて振り、客が受け取るというシステムだ。代金はどうやって払うか?そこはスマホ決済天国の中国、その場で二次元コードをスキャンすれば支払いも完了だ。
(出典 中国サイト:http://slide.news.sina.com.cn/c/slide_1_86058_437274.html#p=4

★大量の紙幣を扱う銀行の、超鉄壁なウイルス対策
ウイルス感染が拡大するなかで、不特定多数の人が触れる紙幣を大量に扱う銀行や商店は特に念入りな対策が必要だ。山西省太原市の銀行では、レインコートのような防護服に医療用マスク、ゴーグルそして手袋という完全防備を施した工員たちが窓口や後方の業務に従事している。そして「感染源」のリスクが高い紙幣は、紫外線や高温のケースで消毒し、一定期間経過してから使うという万全な体制が取られている。
(出典 中国サイト:https://www.sohu.com/picture/375614479

★春節、コロナで混乱する中国で発生した「3億円事件」
新型ウイルスの感染拡大で中国全土に緊張が走った今年の春節期間中、江蘇省南京市の会社で約3億円が盗まれた。警察の捜査により、事件後に姿を消したこの会社の社員が容疑者として浮上するが、容疑者はウイルス感染拡大の混乱も利用して捜査をかく乱。深圳、長沙、貴陽など各地を転々とした末、2月21日に貴陽市の借家付近で容疑者の身柄が拘束された。容疑者は40歳の男で、この会社には昨年5月に別人に成りすまして入社していたことも判明。あらかじめ現金の在りかを下調べしたうえでの犯行だった。
(出典 中国サイト:https://news.sina.com.cn/s/2020-02-24/doc-iimxyqvz5271864.shtml

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.