FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.03.12
2020年3月第二週 フライメディアのおススメ!★最新中華圏ニュース★

2020年3月第二週 フライメディアのおススメ!

★最新中華圏ニュース★


★新型コロナ感染の101歳男性、元気に退院
湖北省武漢市の病院で4日、新型コロナウイルスによる肺炎で入院していた101歳の男性が無事退院した。男性は2月、誕生日を迎えた矢先に新型ウイルスのPCR検査で陽性と判定された。軽症の感染だったが、高齢のリスクを考慮して2月25日に入院し、治療を受けていたという。入院中、男性は自力で食事やうがいをし、毎日病室内を歩き回るなど元気な様子を見せていたが、そのモチベーションの源は自宅で夫の帰りを待つ92歳の妻の存在だったようだ。
(出典 中国サイト:https://news.sina.com.cn/s/2020-03-04/doc-iimxyqvz7849935.shtml

★消毒のつもりが…紙幣を電子レンジで加熱、黒焦げに
先日、新型コロナウイルス対策として「完全武装」し、紙幣を徹底的に消毒する中国の銀行を紹介したが、江蘇省無錫市の女性・李さんは消毒のしかたを間違えて、大事なお札をこんがりと焼いてしまった。李さんは紙幣に付着しているであろうウイルスや細菌を殺すため、電子レンジに入れて加熱することを思いつき、実行した。しかし1分ほどするとレンジ内から何やら焦げるようなニオイが。慌てて止めてお金を取り出したが時すでに遅しだった。幸い、銀行が焦がした紙幣を全額分交換してくれたという。
(出典 中国サイト:https://news.sina.com.cn/s/2020-03-03/doc-iimxxstf6166421.shtml

★大皿料理でウイルス感染を防ぐ、究極の器具を大学生が発明
小さな豆や滑りやすいものが箸でなかなかつまめずにイライラしたことはないだろうか。上海交通大学の学生らがこのほど発明したスプーン状の器具はそんな問題を解決してくれそうだ。先端がスプーン状になっているこの器具を箸でつまむことで、箸をスプーンとして使えるのだ。実はこの器具、大皿料理を各自の箸で取り分けることによる交差感染を防ぐために発明された。箸に器具をつけて大皿から料理を取り、器具を外した箸で食べる、というわけだ。「金のスプーン」と名付けられたこの箸は、間もなく発売されるとのことだ。
(出典 中国サイト:https://new.qq.com/omn/20200306/20200306A081TQ00.html

★外出できない武漢市民に物資を届ける、フランス人ボランティア
新型ウイルスの感染拡大との戦いが続く湖北省武漢市に、精力的に活動する異色のボランティアがいる。フランス・リヨンからやってきた54歳の男性・フレドさんだ。フレドさんは8年前に妻とともに武漢にやって来て、大学のフランス語教師などを務めた。感染が拡大し始めた1月26日、友人から「物資輸送のボランティア隊に入らないか」と勧誘を受け、かつて軍人だったこともあるフレドさんは快諾。この1カ月余り、防護服、ゴーグル、マスク、手袋と「完全武装」して、外に出られない市民に食料や生活用品を送り届けている。
(出典 中国サイト:https://mp.weixin.qq.com/s/6GmPY4pYlKm_3zhvMWjQ0Q

★防護服をノート代わりに…必要物資を書き込む警察官たち
全身を防護服に包まれた医療従事者や当局関係者は、見た目で判別がつくように防護服に大きく名前を書いている。しかし、湖北省荊州市にある交番の所長・代叡さんの防護服は名前以外の文字がたくさん書き込まれている。地域住民が必要としている物資をヒアリングして回る際、ノートを入れるポケットが防護服にないため、代さんは真っ白な防護服にペンでメモを書き込んでいるのだ。部下たちもこれを見習っており、現地では赤い字がたくさん書き込まれたノート代わりの防護服を身に着けた警察官たちが日々、住民の必要物資を確かに送り届ける様子が見られるという。
(出典 中国サイト:https://news.sina.com.cn/o/2020-03-02/doc-iimxyqvz7247349.shtml

★非接触ボタンを採用したエレベーターやATMが、安徽省で使用開始
新型コロナウイルスの感染拡大を抑止するうえで、エレベーターのボタンなど不特定多数の人が接触する物の消毒が大きな課題の1つだ。安徽省にあるハイテク企業ではこのほど、接触せずにボタン操作ができるATMやエレベーターの開発に成功した。指を近づけるだけで感知し反応するシステムを採用し、利用者はボタンに触れることによる感染リスクを心配せずにエレベーターやATMを使えるとのこと。すでに省内の病院などで導入されているというから、本当に中国はこの手の仕事が早い。
(出典 中国サイト:http://slide.news.sina.com.cn/s/slide_1_86058_441171.html#p=1

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.