FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.06.08
南国フルーツのシーズン到来!日本は宮崎マンゴー、台湾は愛文マンゴー、香港は?

香港では5月下旬頃から雨の量が多くなってきた。

この数日はブラックレイン警報やレッドレイン警報が発令される日も出た程だ。(ブラックレイン=黒雨警報。大雨警戒警報であり、黄→赤→黒の順で定められている。ブラックレインは最上級にあたる警報で外出禁止令が出るなど、台風シグナル8とほぼ同じレベルの警戒態勢がひかれる。)

 

もとより湿気の多い香港、この季節は雨から来る湿気でカビ大量発生に悩まされることもあるのだが、湿気以上に喜びを与えてくれるのが『南国フルーツ』の存在だ。

 

雨の季節になると南国特有のマンゴー・ライチ・パパイヤ等が多く出回るようになる。そしてこの時期の南国フルーツは特有の甘味があり、ジューシーなのである。

 

スーパーのフルーツ売り場では、マンゴーだけでもこの通り多数の種類が売られている。その多くはフィリピンやタイ産となる。

 

香港マンゴーのシーズン到来

丸いものから、小ぶりのもの、そして長細いものまで多数のマンゴーが出回る。

 

香港マンゴーのシーズン到来こちらにもマンゴーの山

 

これはタイ産のようで、1個9.9ドル(約14円ほど)。

 

甘くて美味しいマンゴーと言えば、日本では宮崎マンゴーが知られている。さすがにここ香港で宮崎マンゴーを目にする事はほぼ無い。

代わりに高級マンゴーの部類で香港人が好むものは、台湾産の愛文マンゴーではないだろうか。

大きさにもよるが、今年は1個あたり24ドル前後(約340円ほど)で売られているようだ。

 

香港マンゴーのシーズン到来赤く艶のある愛文マンゴー、見るからに甘くておいしそうだ

 

確かにこの愛文マンゴー、ジューシーで甘い。筆者もこの季節は必ず楽しみにして購入をする。

実際、家に置いておくだけで甘い香りが部屋中に漂うほどだ。

 

ただ、香港に住む者の間で愛されるマンゴーは、愛文マンゴーだけではない。この時期になるとマンゴー愛好者がそわそわしながら買いに行くマンゴーがある。それはインド産の『アルフォンソマンゴー』だ。

インドは世界最大のマンゴー生産国なのだそうだ。そして数あるマンゴーの中の王様の位置に君臨するのが『アルフォンソマンゴー』であり、香港では5月~6月頃に購入することができる。

 

購入できる場所はインド食材を扱う店。その多くは尖沙咀・彌敦道の重慶大厦(チョンキンマンション)に集まっている。重慶大厦といえば両替商やゲストハウスが集まる雑居ビルで有名だ。雑多でディープな存在として知られる場所、バックパッカーが好んで集まるビル、そして「深夜特急」をはじめとする、数多くの物語の舞台となってきた場所でもある。

 

香港マンゴーのシーズン到来交差点の先にあるがのチョンキンマンション

 

コロナの影響でビルの路面店の多くは閉店中。普段であれば多くの人が行き交い、多くの呼び込みもたむろしているエリアだ。

 

チョンキンマンション内の1階、2階には両替、小さな食堂、携帯SIMカード店、雑貨店などが入居をしている。この中の食料品を扱う雑貨店を回ると、マンゴーを取り扱う店を見つけることができる。

 

香港マンゴーのシーズン到来旅行者がいない今、ビルの中も閑散として活気少なめ

 

6月初めにここを訪れた筆者。そして運よく目当てのアルフォンソマンゴーを見つけることができた。バラ売りをする店も稀にあるが、殆どの店は箱で販売をしている。

 

香港マンゴーのシーズン到来通路にまで溢れるように積み上げられたアルフォンソマンゴー

 

手にとってみると、筆者がよく買うタイ産やフィリピン産の種より、少し小ぶり。

この小さめの実に甘味が凝縮されている。

 

香港マンゴーのシーズン到来

 

 

香港マンゴーのシーズン到来

 

今年はコロナの影響でインドからの物流が停滞気味である事から、マンゴーを見ることができるか心配をしていたが、こうして少しではあるが季節の味が売られていることに安堵をした

 

アルフォンソマンゴーは、その売られているディープな場所や短期間のみの販売という事から、この時期だけの特別なマンゴーであると言える。

この時期に香港のこの場所に来れば出会える味のひとつ。タイミングがあえば、ぜひ試していただきたい味である。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港マンゴーシーズン到来」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.