FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2020.10.26
「ステイケーション」の次ぎは、空飛ぶ休暇!?

以前、近場で宿泊をして気軽に休暇を過ごす「ステイケーション」についてご紹介した。

 

このステイケーション、既に香港内ではメジャーな休日の過ごし方となった。各旅行社やメディアなどで取り上げられ、ステイケーションをまとめた特集もよく行われている。

本来なら手が出ない5つ星クラスのホテルも、宿泊代金の割引のみならず朝食のみならず昼食や夕食がが付くパッケージなどが出ている。館内で利用できる割引券などが付いてくることもある。これらお得なステイケーションを打ち出しているホテルでは、週末ともなるとチェックインのための行列ができる事もあるようだ。

 

そんな中、新しい休暇のすごし方が出てきた。その名も「フライケーション(Flycation)」

 

「Fly」と「Vacation」からできた言葉であるが、ステイケーションが宿泊をする休暇であればこのフライケーションは飛んで楽しむ休暇といったところであろうか。

 

この「フライケーション(Flycation)」の中身を見てみると、香港エクスプレス(香港の格安航空会社)が発表をしたもので香港出発~香港帰着、約1.5時間の空の旅を楽しむという企画がある。

当初の発売は11月1日、7日、8日の3日間であったが、これらのチケットは発売後直ぐに完売した。

念のため筆者も香港エクスプレスのページで検索をしてみたが、やはり売り切れとなっている。

 

 

 

香港フライケーション

香港エクスプレスの予約画面をコピーしたもの(オフィシャルサイト画面のコピー)

 

このフライトの便名はUO1800、飛行時間は14:30-16:00。

代金は1名388香港ドルから(左記は保安税を含まない値段)で、座席や日により値段が変わるようだ。

 

香港内では話題となったこの企画だが、これに因んだ内容のものも追って発売され始めている。

ある旅行会社ではフライケーションと宿泊をパッケージにしたツアーを売り出したそうだ。

また別の航空会社の香港航空は、90分間のサンセットフライトを売り出た。こちらも100席のチケットが売り切れたのたという記事を目にしている。

 

もう何ヶ月も空港には出入りをしておらず、あの空港の中を歩いてみたり飛行機が飛び立つワクワク感を体験したいという気持ちは誰もが持っている。そんな欲求を満たすかのような斬新なアイデア、フライケーション。このフライケーションも新しい余暇の過ごし方として定番化するのであろうか。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「フライケーション」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.