FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2020.06.05
高級ホテルでもザリガニ?!シーズン到来で、レストランも赤一色に!

夏日が多くなってきた上海、いよいよ、ザリガニシーズンが到来。この時期、地元のグルメファンを虜にする「ザリガニ料理」は、夏の風物詩としても定着し、年々味や盛り付けが工夫されて、パワーアップしている。

 

上海•真っ赤なザリガニが目をひく店頭

お店の入口は巨大ザリガニで歓迎!

 

小さな露店からレストランと、テーブルに山盛りとなったザリガニを囲んで、大勢でワイワイ食べている光景を目にすることが多い。テーブルの上の大量のザリガニに驚くが、実際、殻をむいていくと、食べられる身の部分はとても少なく、テーブルには殻がどんどん山積みにされていく。

 

上海•ザリガニのPOPもインパクト大!

1.5kgで100元(約1,600円)のスペシャル価格?!(上図)

 

ザリガニ料理の注文のしかたは、とてもシンプル。たいてい量り売りが主流で、「1斤(500g)」単位で注文。ザリガニ好きな大人でだいたい2斤〜3斤(1kg〜1.5kg)食べると言われる。そして、ザリガニの量を決めたら、次は調理方法と味付けだ。

 

主に「ゆでる、炒める、蒸し焼き」といった調理方法があり、味付けは、「香辣(スパイシー)」、「麻辣(マーラー/しびれる辛さ)」や十三香(シナモン、花椒、八角などを混合した香辛料で、中華テイストな味をつくる定番の調味料)などいろいろ選べ、お店によっては、独自に開発した味付けもある。

 

「香辣(スパイシー)」味は、たいてい「微辣(ピリ辛)」、「中辣(中辛〜大辛)」、「重辣(激辛)」と辛さのレベルが選べるようになっている。

 

上海•ザリガニが高級食材に!?

ザリガニが高級食材に?!

 

さらに最近では、「冰鎮小龍蝦(冷やしたザリガニ)」という氷やドライアイスを使った清涼感のある演出にこだわったメニューも登場して、ビジュアルでも市民を楽しませている。

 

ちなみに、ザリガニは中国語で「小龍蝦(シャオ・ロン・シィア)」という。上海蟹のブランドが陽澄湖産というように、ザリガニにもブランド産地がある。そこが江蘇省淮安市盱眙県で、ここで養殖されたザリガニは「盱眙(シュー・イー)小龍蝦」と呼び、有名である。

 

上海•「盱眙」産のザリガニは、ブランド•ザリガニとして人気

「盱眙」産のザリガニは、ブランド・ザリガニとして人気

 

現地では、ザリガニシーズンが到来すると、地元をあげてのイベントやプロモーション活動が盛んに行われている。中でも毎年開催される「ザリガニ祭り」は、数万人の人出となる人気ぶりで、メディアでも話題になる。

 

こんなにも愛されている?ザリガニを“夏”商戦として放っておくわけがなく、例えば、五つ星ホテルのブッフェでも「ザリガニ・フェア」を開催したり、コンビニエンスストアで「ザリガニ」風味のスナックを見かけたりする。

 

上海・ザリガニを使ったフード

この季節は、ザリガニを使ったフードも登場する

 

ファーストフードのハンバーガーにも「ザリガニバーガー」、ピザ店には「ザリガニのせピザ」がある。

 

街を歩けば、いたるところで、ザリガニのPOPを目にする。このザリガニ料理は、だいたい6月から8月にかけてピークとなる。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「愛されるザリガニ料理」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.