FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2021.04.15
非接触、本格的、しかも安い! 無人カフェスタンドが注目浴びる

 

 

新型コロナウイルス感染拡大により、人との接触が敬遠される機会が増えた。大人数での集まりはもちろんのこと、細かい部分ではお店のレジでトレーを介してお金をやり取りすることが主流になった。人どうしの接触を避けることが好まれる今の世の中で脚光を浴びているのが、各種無人販売システムである。

■展示会で注目を集めた、無人のカフェスタンド

先日上海市で開かれたホテル・飲食業界の展示イベントでは、無人のカフェスタンドが注目を集めた。オーダーを受けてから豆を挽き、ドリップしておいしいコーヒーを提供する全自動の販売機は日本のサービスエリアなどでよく見かけるが、今回展示されたものは「自動販売機」ではなく見た目もまさに「カフェスタンド」。通常のカフェスタンドと違うのは、中にいるのが店員ではなく、あらゆる作業をこなすロボットだということだ。

 

■50種類以上の本格ドリンクを1分以内に提供、しかもリーズナブル

客はスタンドの前に設置されているタブレットか、スマートフォンのミニアプリを使って注文を行う。注文できるメニューはコーヒー、抹茶、チョコレート、ミルクなどを組み合わせた50種類以上のドリンクだ。注文が入るとロボットアームがカップを取り、指定されたドリンクの注ぎ口にセットする。コーヒーはもちろん豆から挽く本格派であり、ロボットならではの鮮やかな流れ作業により1分かからずに注文の品がカウンターに出てくる。人件費がかからないためコストも大幅にダウンでき、ドリンク1杯のお値段は10元(約160円)程度とのこと。大手カフェチェーンのおよそ3分の1である。

■衛生面もバッチリな、いいことずくめの無人カフェ

マシンへの材料セットには人手が必要で、マシンの洗浄や材料セットには30分ほど時間がかかるものの、ひとたびセットしてしまえば1日24時間営業できるだけの量が提供可能という。専有面積も2.5メートル未満ということで、人手によるカフェスタンドよりもスペースを取らない。もちろん品質や衛生面の対策も十分で、エアフィルターや紫外線殺菌ランプ、高温殺菌ノズルなどによって、いつでも安心安全なドリンクが供される。

 

省スペースで人どうしの接触がなく衛生的、スピーディーで近未来感があり、そして何よりリーズナブル。中国ではこの先、各種イベントやテーマパーク、駅や公園など人が多く集まる場所で、このような無人カフェスタンドを当たり前のように見かけることになりそうだ。

 

(出典:https://xw.qq.com/cmsid/20210329A08V6H00?f)

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「非接触、本格的、しかも安い! 無人カフェスタンドが注目浴びる」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.