FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2021.05.27
掃いて拭いて、モップまで洗ってくれちゃうお掃除ロボット

 

■進化を続けるお掃除ロボット

技術の発展に伴うIT化が進むにつれ、われわれの日常生活を支援するさまざまロボットが生み出されている。家事のお手伝いロボットとしてポピュラーなのが、部屋の隅々まで掃き掃除をしてくれる「ルンバ」のようなお掃除ロボットだが、このお掃除ロボットも今や床を掃くだけなく、モップ掛けをしてくれ、さらにモップが汚れると自動で洗ってくれるまでに進化した。

 

■掃く、拭くが両方できる「小白鯨」

中国の家電メーカー・雲鯨(NARWAL)が2019年11月11日に発売開始したお掃除ロボット「小白鯨」は、見た目こそ従来のお掃除ロボットとあまり変わらないが、掃き掃除だけでなく拭き掃除もこなすスグレモノだ。

 

底部に2カ所あるソケットに回転ブラシをセットすると掃き掃除モードとなり、1分間に180回転という高速回転でゴミをかき集め、1800Paの高い吸引力で一気に吸い上げる。ゴミトレイは大容量で、何度もトレイを空にする手間が省けてらくちんだ。

 

アタッチメントをブラシからモップに取り替えると、拭き掃除ロボットに変身する。モップが高速回転するとともに、ロボット本体に取り付けられたスプリングによって10Nの圧力がかかるため、頑固な汚れも床を傷つけることなくガッチリ拭き取ってきれいにしてくれるのだ。

 

■なんと、あの面倒な作業までやってくれる!

そして製品の最大の売りは、モップを自動で洗浄してくれる機能だ。拭き掃除を行ってモップが汚れると、ロボットが汚れ具合を検地して自動で基地に戻る。基地には5Lのタンクが2つ用意されており、片側のタンクに入った水でモップをきれいに洗浄するとともに、汚れた水をもう一つのタンクに回収する。脱水機能もついていて、きれいになったモップでそのまま掃除を続けることができる。ユーザーがやるべきことは、汚れた水を捨て、新しい水を入れておくことだけである。

 

掃除を終えて基地に戻ったモップは送風乾燥処理されるため、モップに細菌やカビが繁殖して悪臭を放つこともない。便利な上に衛生的で、言うことなしだ。

 

専用のアプリをスマホにインストールすることで、決められた時間に指定の場所を掃除するよう細かく指示することが可能。外出中に掃除するようにセットしておけば、帰宅時には部屋がピカピカになっている。忙しい毎日で拭き掃除まで手が回らないという人にとってはまさに「神器」と言えそうだ。

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「至れり尽くせり! 掃いて拭いて、モップまで洗ってくれちゃうお掃除ロボット」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.