FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.12.24
冬の必需品、保温マグが中国でどんどん進化

 

寒い冬で芯から冷える体を温めてくれるホットな飲み物。温かい食べ物や飲み物を特に好む中国人にとって、温かいお茶をいつでも飲むことのできる携帯用のポットや保温マグは冬の必需品だ。そんな保温マグの世界にもスマート化の波が押し寄せ、進化を遂げているようだ。

 

■振ると本体がほんのり温まる、画期的な保温マグ

カフェで熱々のコーヒーをテイクアウトして飲むとき、寒くてかじかんだ手をカップの熱で温めた経験はないだろうか。カップに手を当てた時の温もりでほっと一息つく感覚は何物にも代えられない心地よさだが、しばらく触っていると「アチチ」となってしまう。一方、通常の保温マグでは内側がばっちり「保温」されていて熱が逃げないため、手を温めることができないどころかひんやり冷たい表面を触らなければいけなくなる。

 

そこで登場したのが、保温機能と「カイロ機能」を両立させたハイテク保温マグだ。一見る何の変哲もない保温マグだが、温かい飲み物を入れて3秒振ると、なんと外側がほんのり温かくなるのである。マグの中空層には約45度で沸騰する低沸点素材が注入され、さらに伝導率の高い熱媒体層からなる伝導壁が備えられていることで、中の温かい飲み物を振ると低沸点素材が沸騰して中空層に充満し、速やかに外側に熱を伝えるという仕組みだ。

■温度表示機能で、保温マグ「あるある」も解決

そしてまた「飲もうとしたら中身が熱すぎて舌をやけどした」という保温マグの「あるある」も解決してくれる。マグ内部に温度センサーが取り付けられており、飲み物の温度を蓋部分のディスプレイにデジタル表示してくれるので、やけどの心配がない。しかも、マグを逆さにして左右に揺すると内部の熱を急速に発散させるモードになり、熱湯でも長時間待つことなく飲めるようになる。

 

さらに、マグの下部にはUSBの差し込み口があり、電源につなぐことで冷めてしまった飲み物を温める機能までついているからすごい。夏場は中に氷水を入れておけば、肌を冷却させることもできる。単なるマグではなく、アイデア次第で様々な活用方法が生まれそうな優れものなのである。

 

■様々な機能を持つスマートマグが次々登場

また、スマホ用アプリと連携して定期的な水分補給をお知らせするもの、水の純度を特定するTDSメーターを備えたものなど、様々な機能を持った保温マグ製品が中国では次々と登場している。そこからは、中国人のチャレンジ精神とともに、水分補給、特に温かい飲み物を飲むことに対する思い入れをも感じることができる。

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「冬の必需品、保温マグが中国でどんどん進化」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.