FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.03.13
新型コロナウイルス対策強化!健康状態を証明するQRコードで個人の行動チェック?!

上海では、新たな感染者数が減少し、企業活動も在宅勤務中心だが少しずつ再開、感染抑制ができてきたとも言われるが、未だ1月下旬に発動された感染症に対する最大限の警戒を示す「重大突発公共衛生事件一級(重大かつ突発的な公共衛生事件一級)」対応が解除されておらず、厳格な管理や規制は今なお続いている。

 

上海・地下鉄構内でも感染拡大防止を強化

上海地下鉄構内でもマスク着用や検温を徹底!

 

これまで、オフィスビルやショッピングモールはもとより、居住区に入るときに検温、情報登録が義務化され、実施されていたが、今回はさらに、「健康コード」というQRコードが登場した。地方から上海にもどってくる人も増えてくる中で、感染拡大を防ぐ新たな対応策として打ち出された管理システムで、ここでもQRコードが大活躍!

 

さすが、「QRコード大国」と呼ばれるだけある。

 

この健康コードは「随申碼(スイ・シェン・マァ)」と言い、「赤・黄・緑」の3色で個人の健康状態が示される。デジタルの健康証明書になる

 

 

上海・健康コードで管理スタート

健康コードというQRコードで個人管理スタート!

 

病院、小区(居住区のコミュニティ)、オフィスビルやショッピングモールなどの施設エリアへ入るときなどに、このQRコードの色を見せて使う。健康コードが緑色であれば検温や登録だけで入場OK。黄色や赤色の場合は、公共施設への入場が制限され、別途、隔離などの対応があると説明されている。

 

上海・健康コードで個人管理

 

健康コードが緑色だと、入場時に通常の検温だけでパスできる

 

コードの色を見るだけで、その人の健康状態が分かり、「非接触」で健康チェックができるため、行政もこの健康コードを利用することを推奨している。このコードにアクセスするたびに健康情報が更新され、リアルタイムでの健康チェックができる

 

この健康コードを入手するには、ウィーチャット(微信)などのミニプログラムにアクセスし、登録することが必要。ちなみに、現在、外国籍の人が入手する場合は、アリペイ(支付宝)APPから登録が可能(2020年3月11日現在)。

 

上海・簡単登録できる健康コード

 

10秒とかからず簡単登録できる健康コード!

 

そのほか、感染ルートを特定したり、濃厚接触者をいち早く連絡したりできるように、地下鉄乗車時で、車輛ごとに乗車登録をすることも推奨されている。ウィーチャット又はアリペイなどで、地下鉄各車両に貼られたQRコードをスキャンし、出てきた画面に自分の携帯番号を入力して登録。

 

上海・迅速な取り組みに賞賛が集まる

感染拡大防止の対策を強化する地下鉄入口

 

路線を乗り換え或いは車輛を変えるごとに同じ動作を繰り返し、登録する。感染者が出たときに、同じ車輛で、同じ時間帯に利用した人たちに連絡ができるという仕組み。

 

上海・地下鉄乗車時に任意登録スタート

上海地下鉄・車両ごとにQRコードが貼られている

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海は健康コードでチェック強化」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.