FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.03.11
台湾の新型コロナウイルス近況レポート4

新型コロナウィルスの感染が世界規模となっている、テレビやネットのニュースからは日に日に増える感染者が伝えられ、今後が非常に心配であるが、今回も台湾からコロナウィルスの近況レポートをしようと思う。

世界中で深刻なマスク不足が話題になっているが、台湾でマスクが正常に普及されるのは5月頃だろうと言われている。

今まではビニールに入れての販売であったが、最近は白い袋に入れられ販売されている。

台北コロナウィルス近況レポート

相談窓口ホットライの書かれたマスクの袋

  

毎日不安なニュースが多いが、実はこの白い袋への変更が生んだ面白ネタもある、、、台湾在住のとある女性が長蛇の列に並びやっとマスクの袋を受け取り中身を取り出すと、、中にはなんと、トラ柄のマスクが! どこから出回ったのか、その列には花柄やピンクのヒョウ柄のマスクまで!

「こんなマスクじゃ外を歩けない。」とSNS上で話題となり議論となる反面人々の笑いを誘ったのであった。


マスクの次になかなか手に入らないのが殺菌用アルコールだ。

 

台北コロナウィルスレポート

台湾で現在売られている殺菌用アルコール

 

台湾では1月の旧正月頃に市民がドラッグストアや薬局に殺到し店から姿を消していたが、企業が徐々にではあるが供給を再開、現在は大型スーパーやコンビニなどで数量限定で販売されるようになった。

 

カルフールをはじめとする大型スーパーがラインやネット上で販売日時を発表するとその時間には長蛇の列ができ、並んでも手に入らない客が殆ど。コンビニでは朝に整理券が配られ、入荷次第順番に販売している。

 

台湾コロナウィルスレポート

 レジには常に「本日の販売終了」の告知が

まだまだ手に入りにくいのが現状のようだ

 

日本と同じく今回のコロナウィルスは台湾の経済に大きな打撃を与え始めている。中国からの観光客をいち早く禁止した台湾、中国以外の国からの観光客も激減し、特に観光業、飲食業の人々を苦しめている。

 

台北コロナウィルスレポート

平日昼間の西門町

 

台北コロナウィルスレポート

信じられないほどに閑散としている

 

「台湾の原宿」の名で知られている西門町も、コロナ騒動が進むに連れて海外からの観光客がめっきり減ってしまっている。普段は平日でも沢山の若者たちでごったがえしていた町が、これほどまでに閑散としてしまうと各店舗に与える影響を考えずにはいられない。

 

これ以上の経済的打撃が起きないことを切に願う。

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「台湾の新型コロナウイルス近況レポート4」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.