FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.02.25
2019年 香港マラソン

普段は国際都市としてビジネスや金融のイメージばかりが先行する香港であるが、実は多くのスポーツの舞台になっている。アジアベストハイキングコースに選ばれたドラゴンズバックをはじめとする自然豊かなハイキングコースを楽しむことができたり、秋になると自転車で街を疾走するサイクロソンレースなども行われる。

そして香港返還の年1997年より開始された香港マラソンは香港を代表するビック・イベントの一つとして知られている。

 

スタート前の様子

 

2019年の香港マラソンは去る2月17日(日)に行われたばかり。参加者約74,000人、ランナーの参加国も約90ヶ国といわれており、まさに香港をあげての国際イベントである。

種目はフルマラソン、ハーフマラソン、10キロレース、そして車椅子走者によるレースに分かれている。

日本パスポート保持者専用の事務局もあり、日本からも毎年多くのランナーが参加をする人気の国際マラソンである。

 

香港の街並みの中を駆ける

 

コースは選択したレースによって異なるが、2019年のフルマラソンでいえば九龍半島の代表繁華街であるネイザンロードを出発して香港らしい街並みを通りぬけた後はニューテリトリー方面へ向かう。陸橋などを走りぬけた後は、九龍半島と香港島を繋ぐ 普段は人が歩くことができない海底トンネルを走り抜ける。そして香港島に入りゴール近くなると、香港島でしか走らない2階建てトラムなどと併走し、最後にビクトリア公園でゴールをする。

ランナーが目にする景観的に言えば、様々な香港の顔を見ながら走ることができる変化に富んだルートに違いない。

 

2階建てバスからも応援可能!

 

当日は早朝からレースが終わる時間まで、香港の多くの箇所で交通規制が行われる。普段は車や2階建てバス、トラムや人々の喧騒でいっぱいの香港の違う側面を見られる日とあって、沿道で応援をする人々にとっても新鮮な景色に違いない。

また、マラソン前日はゴール地点となっているビクトリア公園でマラソンカーニバルも開催されて賑わいを見せる。

 

2020年の香港マラソンは2月9日。ランナーとして走っても 沿道で応援をしても、普段と違う香港を見ることができるこのイベントに参加をしてみてはどうだろうか。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港マラソン」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.