FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.05.07
19年の時を経て甦るタイガーバームガーデン

一昔前の香港観光には欠かせない場所であったタイガーバームガーデン。100万ドルの夜景を見下ろすビクトリアピーク、竜宮城のような煌びやかなアバディーンのジャンボ水上レストラン、そして仏教や儒教・各種逸話の世界が繰り広げられた極彩色豊かなタイガーバームガーデン、この3つの場所は香港を代表する観光地であった。

 

このタイガーバームガーデンはお馴染み”タイガーバーム”の売り上げで富を得た胡文虎(Aw Boon Haw)によって造られたもの。1950年代に一般公開されてからは世界中の観光客が集まる場所となっていたが、残念ながら閉園して2001年に香港政府の管理下に置かれた。尚、2009年に第1級歴史的建築物に指定されている。

その後、歴史的建築物を新しく再利用するプロジェクトの1つに選ばれ、2019年に新しく【虎豹樂圃  Haw Par Music 】として再オープンに至った。

 

虎豹樂圃  Haw Par Music 、入り口の様子

 

かつてのタイガーバームガーデンを偲ばせる、一風変わった虎の置物が入り口で訪れる人を迎えている。

 

音楽と社会相互活動の場の中心となるべく産まれ変わった虎豹樂圃  Haw Par Music。中国のみならず西洋の音楽のため、そして心豊かな暮らしの為の活動に利用されていくことになる。園内のメインビルでは音楽クラスや各種演奏会などが行われる。

 

虎豹樂圃  Haw Par Music 、園内の様子

 

黄色の建物はメインビル。

 

展示してあったかつてのメインビルの様子

 

またこの再生活動にあたり 外壁や窓の一部 そして館内のインテリアは1930年代のものがなるべく再現され、また元オーナーのコレクション等も展示されている。

 

園内の一部

 

かつてのような極彩色豊かで一風変わったジオラマは殆ど置かれていないが、古きよきものを再利用しながら、一方では新しいエッセンスを加えた、新旧が交差する虎豹樂圃が誕生した。

当時の面影を残しながら、音楽を通した新しい活動の中心地として、今後人々に浸透をしていくことになるだろう。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「19年の時を経て甦るタイガーバームガーデン」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.