FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.09.24
香港~街に溶けこむデモの痕跡

逃亡犯条例改正案を発端とした抗議活動も発生後100日を越えた。活動の内容や様子も日々変わってきているが、今回は街で見かけたデモの痕跡について、写真を通してお伝えしたい。

 

9月13日、1年に1度の中秋節を迎えたばかりの香港。各地でランタンが飾られたが、今年はランタンに抗議メッセージを込めたものが数多く見られた。こちらは尖沙咀のビクトリアハーバー沿いで見かけた手作りのランタン。

 

海辺に飾られていたハンドメイドのランタン

 

それぞれの面には抗議活動者の思いが書かれていた。傘マークは言うまでもなく、雨傘運動の時から用いられているモチーフである。「光復香港,時代革命」はデモ隊のスローガンとなっている言葉。“香港を取り戻す、革命の時といった内容。「五大訴求,缺一不可」“5つの要求、一つも譲らない”という意味だそうだ。

 

こちらの写真は抗議開始後にすぐに使われるようになったアンビグラム(異なる方向からも読めるグラフィカル文字)「香港・加油」(香港がんばれ)になるように、”香港”という文字を回転すると”加油”とも読めるようになっている。

 

このアンビグラムは色々と商品化もされるようになってきている

 

これらの写真は街で見かけたステッカー。外国の右翼にミーム(インターネットを通じて人から人へと、通常は模倣として拡がっていく行動・コンセプト・メディアのこと)として利用された「カエルのペペ」が、今は香港の抗議活動者の間で多用されるようになってきたのを知ることができる。

 

 

ストリートの壁などに貼られていたステッカーの一部

 

ぺぺのステッカーが手を繋いでいるのは、デモ活動の一環として行われている「人間の鎖」の活動を表している。ステッカーに書いてある文字から、8月23日19時から人間の鎖を行うことを呼びかけたものであったことが分かる。

人間の鎖は現在あらゆる場所で行われており、平和的な活動の一つとして定着している。今では中学生が授業前である早朝集まり、人間の鎖を作る光景もよく見られるようになっている。

 

このように街を歩くと抗議活動の様子や活動を通して発生した多くの情報を知ることができる。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港~街に溶け込むデモ風景」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.