FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.09.20
映画村?百貨店に「オールド北京」を再現。体験型の食品売場は熱気ムンムン!

王府井(ワン・フー・ジン)といえば、北京市屈指の繁華街で、市民のほかに、国内外の観光客も多くあつまり、日夜を問わず、にぎやかな通りだ。この通りにある「王府井百貨大楼(デパート)」の地下2階に「和平菓局」がオープンし、話題となっている。

 

北京土産もそろう「和平菓局」

 

「和平菓局」には、「炸酱面(ジャージャー麺)」をはじめ北京名物を集めたフードコートのほかに、北京の特産品も販売されているが、それだけ聞くと、一般の店舗と変わらないのではないかと思うかもしれない。

 

ユニークなスローガンも人気?

 

この「和平菓局」が注目を集めている魅力は、その空間演出にある。周りが閉鎖的な「地下」がもつ独特の空間を利用して、少し照明を落とし、オールド北京(老北京)の雰囲気を再現。

 

フードコートも多くの人でにぎわう!

 

エスカレーターをおりて、ここに一歩足を踏み入れると、あたかもタイムスリップしたかのような気分になる。

 

週末はエスカレーターも大混雑する

 

単なるレトロちっくなディスプレイだけではない、当時の日常生活のワンシーンのような臨場感あふれるセットも北京市民や観光客をひきつけている。

 

映画のセットのような路地もある

 

北京の当時の生活風景を楽しむ観光客や“昔なつかし”のノスタルジックな気分に浸る市民で、週末には大行列もできるほどの盛況ぶり。安全面から、入場制限がかかるほどだ。

 

雰囲気はレトロでも、モバイル決済OK!

 

また、ここは、オールド北京の生活を垣間みることができるだけでなく、映画のセットに迷い込んだかのように、さまざまな擬似体験ができるのも人気

 

列車の中に座って撮影する人も多い

 

もちろん、SNS映えするスポットも多く設定され、いたるところで撮影している姿が見られる。

 

懐かしいスローガンや店名がズラリと並ぶ

 

孫をつれた老夫婦や家族連れも多く、「昔はこうだったのよ」、「懐かしい!」「ああ、これこれ」という声があちこちから聞こえてくる。

 

体験型施設は現在の流行に?

 

「和平菓局」が販売しているのは、単なる商品だけではなく、こうした「思い」や「記憶」につながる体験で、訪れる人も特産品を買うに来るというより、これら「オールド北京」を目当てに来店しているようにみえる。

 

和平菓局:北京市王府井大街255号 王府井百貨大楼B2

    最寄り駅:北京地下鉄1号線「王府井」駅  

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「オールド北京を体験できる和平菓局」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.