FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.07.29
香港中に出現している心の叫び 「レノン・ウォール」

「逃亡犯条例」改正案への抗議が続いている香港。このところ毎週末行われるデモの様子は、メディアを通じて世界中へ配信されている。ただ、抗議はデモ行進だけに留まっていない

今回は香港中にできている「レノン・ウォール」についてご紹介したい。

 

「レノン・ウォール」は自由と平和のシンボルとして知られる壁のことジョン・レノンを死を偲び、プラハの若者たちが壁にメッセージを記していった。そして、この壁は共産主義体制への反対と自由へのシンボルの壁になったと聞いている。

 

2014年の雨傘革命の際、デモ隊が占拠をした金鐘の歩道橋に、この「レノン・ウォール」の香港バージョンが出現をした。学生たちがポストイットに思いを記し次々と貼っていった壁は、黄色やピンクのカラフルなポストイットで出来上がった”香港バージョンのレノン・ウォール”となったのである。

 

そして2019年「逃亡犯条例」改正案に対する抗議が続く中、今度はこのレノン・ウォールは金鐘のみならず香港のいたるところに出現をしている。それは歩道橋であったり、地下道であったり、市内郊外問わず香港内で何十箇所にも存在するといわれている。

 

下記は尖沙咀にある地下道の様子。

 

遠くからでも何か貼ってあり人が集まっている様子が見て取れる

 

近づいてみると、おびただしい数のポストイットが貼られている

 

そこにはさまざまな立場の人の色々な意見が書かれている。

 

 

 

日本語学習者による日本語による訴えも、目にすることがある

それぞれの内容を見ていくと政府への抗議、賛成派反対派・相互の意見、ツーリストへ香港の現状を知らせるもの、或いは仲間うちでの連絡のようなもの、など全て読むことは難しいほどの量だ。

 

 

 

こんなポスターも貼られていた

 

旅行客に対しては不便をかけて申し訳ないという内容、運転手たちへは道を占拠して迷惑をかけてすみません、といった内容のもの。

 

どんな人でも意見ができるよう、それぞれのレノン・ウォールには誰かが買ってきたポストイットやペンが置かれていることが多い。

 

 

勿論、このような活動に反対をする市民もおり、ポストイットを剥がしていく人も見かける。

それでもまた少したつと、そこにレノン・ウォールが作られていく。

 

尖沙咀以外のウォールの様子も、また機会があればご報告をしたい。

(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「レノンウォール」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.