FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.04.23
香港・老舗の龍華酒店を訪ねる(1)

新界地区の沙田という所に、有名な龍華酒店(Lung Wah Hotel)がある。MTR沙田駅から徒歩15分程度、人通りも少ない村を通りぬけた場所にあるのだが、ここへ訪れる人は後を絶たない。

 

龍華酒店へ訪れる人の目的は、ズバリ 鳩料理。香港人に「鳩料理を食べるならどこ?」と聞くと、ここの名前は必ず列挙される中の1店だ。香港人は食べ物の味と値段にうるさい。値段に合わない味だと、店は直ぐに潰れる。そんな香港で長年営業を続けているのだから、やはり鳩料理といえばこの龍華酒店は外せないのだろう。

 

またこの龍華酒店は長い歴史の中で、ブルース・リーの映画のロケで使われたという説もある。

 

実際に、龍華酒店は1950年からホテルとして利用されてきた。現在はホテルの営業は終了し、レストランのみが残って同じ場所で営業を続けている。歴史ある当時のままの建物は今でも尚、レストランとして現代で生き続けているのである。

 

 

線路沿いの村のなかほど、丘高いところに龍華酒店がある。遠くから見ても、歴史がありそうな旧い建物であるのが分かる。

 

 

近くで見た様子。ここが古い歴史あるレストランだと知らない人は、ただの廃墟に見えるかもしれない。

 

レストランへのゲート。このゲートを潜り、階段を登っていく。初めて訪れる人は、少し勇気がいるような寂れた雰囲気だ。

 

 

階段を少し登ったところで、香港らしい獅子が迎えてくれる。

 

 

古いゲートのドアの取っ手やピンク色の壁は、古く歴史を感じさせる。とても絵になるスポットでもある。

 

 

そして、注目すべきはレストランまでの道のりである。ここには多くの赤いランタンが下がっており、夜は勿論のこと、昼間訪れても妖艶な雰囲気を醸し出している。

 

昼間の様子。ランタンに囲まれながらレストランまで向かうと、映画の中に迷いこんだような気がしてくる。

 

 

途中、緑溢れる庭がある。

 

 

勿論、夜の雰囲気は格別。真っ暗な中に浮かび上がる赤いランタンは、形容しがたい美しさ。

 

 

この様子を見たら、映画を撮りたくなるのも理解ができる。

 

実は、龍華酒店は有名な写真スポットでもある。食事をしない人もカメラを片手に訪れ、写真を撮っている。

 

次回は、レストランの内部や鳩料理をご紹介したい。(文・写真/香港コーディネーター 矢島 園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「龍華酒店」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.