FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.01.28
正月前の華やかな香港の街(1)

旧正月まで3週間をきった香港。この時期の街の様子や見どころを2回に分けてお伝えしたい。

 

まずは、お馴染みのペニンシュラホテル。例年、正月にはホテルの中庭にランタンが吊るされる。白い美しい建物をバックに赤いランタンが映え、夜になると灯るあかりが艶やかで美しい。

 

思わず見とれる、天に昇っていくランタン

 

尖沙咀東エリアでは、クリスマス同様に可愛らしいデコレーションが道行く人を楽しませている。

 

こちらは百周年記念花園の周りのビル。干支の豚や正月に好まれるお金のモチーフなどで賑やかなライトアップがされている。

 

子供が喜びそうなイルミネーション

 

尖沙咀中心と帝国中心の間では、クリスマスの時と同じく花やスターを象ったイルミネーションが空中に浮かんでいる。また、それに加えてビルの壁面や歩道に吊るされたランタンが正月ムードを一層盛り上げている。

 

ランタンが入ることで、正月っぽくなる

 

このエリアの歩道橋も春らしい花や蝶のイルミネーションが飾られていて華やか。

 

夜の外出も楽しくなる

 

各ショッピングモールも負けてはいない。

 

今期人気の飾りは、沙田の新城市廣場。各モールが競って干支の豚打ち出している中で、このモールに豚の飾りはなく、他のおめでたい飾りで人々のハートを釘付けにしている。そのおめでたい飾りとは、なんと日本風のもの。

 

まるで日本の有名観光地に来たかのような鳥居花見ができる電車など、春の暖かい雰囲気の中で日本旅行をしている気分になれるような演出がされている。

日本への渡航数が群を抜いて多い、香港ならではの飾りつけではないだろうか。

 

色鮮やかな赤の鳥居

 

 

早くも桜がお目見え

 

最後はお馴染みのワンチャイの利東街。お洒落なショッピングストリートである。

大きな赤いランタンと、その間に縁起のよさそうな黄色のランタンやお金のマークの飾りをちりばめた、ゴージャスな演出。ストリート一体が真っ赤に染まる様子は幻想的だ。

 

ショッピングをせずとも、歩きたい!

 

一年で一番街が賑わう香港の旧正月。まだまだ見どころがあるので、次回また続きをお伝えしたい。

(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「正月前の華やかな香港の街(1)」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.