FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.04.24
東大軍団が中国の天才たちと死闘を繰り広げる!「最強大脳・燃えろ大脳 シーズン5」

2018年4月6日、江蘇衛星テレビ弊社がコーディネーションした最強大脳・燃えろ大脳 シーズン5」が放送された。中国VS国際混合で、これまでの対戦成績は4:2。最終決戦の相手が日本チームだ。

 

第1バトルはIQモンスターの異名を持つ森海渡(東大文科Ⅰ類、20歳)が登場。2016年「頭脳王」ベスト8。相手は連勝中の楊易。2人が戦うのは、縦横に流れてくる同じ色、形のセルに書かれた数字の規則を導き出し、空白のセルの数字を埋める問題だ。

 

1回戦では森選手が勝利。しかし2、3回戦で答えを間違え、その得点は楊選手に入った。森1:楊5というピンチ。森選手は解答者テーブルに顔を伏せてしまった。次で勝たなければ、森選手の負けが決まる。

4回戦。プレッシャーがかかる中、森選手は攻める姿勢を崩さず正解を叩き出した。
最終戦タッチの差で森選手が解答権を得てみごと正解。森選手が勝利を収めた。

 

楊選手が「加油(ファイト)」と声をかける場面も(出典:江蘇衛視)

 

第2バトルは小松詩織(東大文科Ⅰ類、20歳)が登場。対戦相手は南開大学の欒雨。小松選手が中国語を披露すると、会場は和やかな雰囲気に。
しかし出題されたのは折り紙の展開図の表と裏に印をつけ、作品の表面にその印がいくつ見えるかを当てる超難問。選ばれたのは緻密に折られたロブスターと鶴。

 

空中ブランコも嗜む才女(出典:江蘇衛視)

 

小松選手は21分、欒雨選手は42分で解答終了。
ロブスターは2人とも不正解。
続いて鶴。両選手とも答えを書き直さなければ、正解であった。二人の勝負は引き分けとなった。

 

最後に登場したのは伊沢拓司(東大大学院農学生命科学研究科、23歳)言わずと知れたクイズ王。対戦相手は14歳の楊英豪君だ。

 

中国でも人気がある伊沢拓司(出典:愛福清網)

 

最後の対決は、平面上に存在する無数の点から2本以上の線が出ており、全てどこかの点とつながり複雑に交差しているので、点をずらし交差する部分をなくせばクリアとなる。

 

1回戦から楊君は伊沢選手の3倍の速さでクリア。その後も勢いは止まらず、伊沢選手は完敗であった。

 

中国VS国際混合の総合結果は5:3。中国チームが勝利を収め、楊易選手が「脳王」の称号を手にした。そして今回特別に、森選手に「敢闘賞」が贈られた。

楊選手はトロフィーを受け取る際、森選手の手をとり共に階段を上がっていき、健闘を称え合った。

 

楊選手の粋な計らいがにくい!(出典:江蘇衛視)

 

是非、本番映像をご覧ください!!

 

(参考資料:http://www.izqdn.com/news/411.html
http://news.52fuqing.com/newsshow-2655013-3.html

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「東大軍団VS中国の天才たち!最強大脳シーズン5」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.