FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.10.15
香港グルメ「秋の味覚、大閘蟹(上海蟹)」

香港では『大閘蟹』と呼ばれて親しまれている上海蟹。本場中国では勿論のこと、日本でも季節の味として広く知られている。そしてここ香港でも、地元の人から観光客まで幅広く愛され続けている秋ならではの味覚だ。

 

香港では、この秋の味覚を“自宅”で思う存分しむという家庭が多い。大閘蟹が出回るようになると、専門店から生きたままの蟹を買ってきて蒸す。その日の夕食は”蟹だけ”を1人で何杯も食べるのだという。

そのせいか、香港人と一緒に大閘蟹を食べると、その無駄のなく年季の入った食べ方に驚かされる。

 

一方で、地元の人同士のちょっとした食事会などでは、きちんとしたレストランで蟹コースを頼むようになる。秋になると上海料理を謳うレストランでは、大閘蟹コースを提供する店が出てくる。

レストランごとのコースメニューの内容と値段を見比べながら色々と試し歩くのが、筆者の毎年の楽しみにもなっている。

 

有名どころのレストランは数多くあるが、値段的に手を出しやすくコスパも良いレストランの代表と言えば、尖沙咀に本店がある老舗レストラン「滬江飯店」ではないだろうか。今年も「滬江飯店」の上海蟹コースが始まったというので、早速訪れてみた。

 

濃厚な味噌を楽しむことができる大閘蟹

 

大閘蟹コースを頼むと、大閘蟹そのものを食すだけではなく、そのこってりと濃厚な味噌を利用した料理も楽しみだ。ちなみに蟹味噌を使った料理の代表作でありどこでも見かけるものは、蟹味噌が入りの小龍包だろうか。

 

蟹味噌と蟹肉入りの小龍包

 

尚、筆者が「滬江飯店」のコースの中で最も好きな料理は、おこわに蟹味噌がたっぷりとかかったもの。毎年このコース料理を食べているが、その都度、口の中に広がる濃厚な美味しさに悶絶をしてしまう。

 

おこわにと蟹味噌のあんかけが絶妙にマッチしている

 

「滬江飯店」の蟹コースは、このほかに蟹味噌入りのスープやデザートがついている。

 

秋ならではの味覚、自分にあった店を探して食べ歩くのも旅の楽しさ。ぜひ、季節限定の味覚を体験していただきたい。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港グルメ秋の味覚大閘蟹(上海蟹)」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.