FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2022.04.06
感染者が日に日に増加する台湾の現在をレポート

台湾の感染増加が止まらない… 週に3日の感染者ゼロを記録し、喜びの声を上げていたあの一週間がまるで遠い日のように感じられる。今週火曜日には感染者は200人を超え、4月半ばには500人以上になるのではと言われている。中央流行疫情指揮センターによると、今現在台湾で蔓延しているコロナウィルスの殆どが非常に感染力の強いBA.2型とのこと。

更には日本でも報じられるようになったBA.1とBA.2から生まれたXE型も検出されている。このタイプはより一層感染力が強いと言われ、人々の間で緊張が走っている。

 

とは言え、1月1日から現在までの中等〜重症者数は4人で、全体の約99パーセントが無症状、及び軽症であるというのも事実だ。今現在台湾では「新台湾スタイル」と題した通常生活を送りながらも感染予防対策をしっかりととるやり方で、今回の波を乗り越えようとしている。

 

台湾人の感染予防意識も非常に高く、清明節というお彼岸に当たる連休に墾丁にて開催された3万人規模の音楽イベントにて、感染者がとった行動にネットをはじめとする各メディアで賞賛の声が出ている。台北市在住の女性は勤務先に感染者が出たという知らせを墾丁で受け、すぐさま近くのコンビニで簡易検査キットを購入、自分が感染したと分かったとたん宿舎へ戻り、衛生局へ連絡し、隔離所に送られた。この女性の迅速な行動により感染の大爆発を防げたと言われている。

 

とはいえ台湾各地で数多くのクラスターが発生しているのも現実である。今現在99の学校が休校に追い込まれている。忠孝復興にある台北SOGOで開催された日本物産展でも計7人の従業員によるクラスターが発生し、過去二週間に来店した約7万人に検査を促すショートメールが送られたが、台北の各検査所は既に予約でいっぱいになってしまい、なかなかPCR検査が受けられないという現実もある。(政府は簡易キットによる検査を勧めている)

 

今回の連休は台湾の各観光地が多くの人々で賑わっていた。おそらくその後により多くの感染者が出るのでは…と言われている。コロナ前の日常生活に戻れる日が来る事を願ってやまない。

 

感染に気を使いながら日常生活を送る台北の人々

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「感染者が日に日に増加する台湾の現在をレポート」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。

totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.