FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2022.04.07
重慶市で無人運転バス路線が営業開始、コネクテッドカー時代の幕開け

■中国各地で始まる、自動運転バスの営業

5G通信に代表される新しい通信技術は、様々な分野で革新的な変化をもたらしつつある。その代表が、高速かつ膨大なデータのやり取りによって実現される、無人運転技術だ。中国では各地で自動運転路線バスの営業が始まっており、2月には重慶市で新たな自動運転バス路線が誕生した。

 

■自動運転バスは、念のためシートベルト着用が必須

この度開通した同市の自動運転バス路線は、両江新区の礼嘉智慧公園を起点として白雲湖公園、などを通って再び礼嘉智慧公園に戻ってくる全長6.2キロメートルの循環路線で、1周の所要時間は約25分だ。全5台の自動運転バスが投入され、午前9時から午後4時45分までの間、15分間隔で運行される。バスには11の座席があり、乗客はシートベルトを締める必要がある。また、自動運転ではあるものの、万が一のために各車両に1人安全指導員が乗車しているのでトラブル発生時も安心だ。

 

■複数のレーダーにカメラ、超高精細地図が自動運転を支える

採用された自動運転バスは、IT大手の百度(バイドゥ)と金龍汽車集団が共同開発した、自動運転レベル4(特定条件下における完全自動運転)のバス車両「アポロ」だ。1台につきレーザーレーダーが4つ、前後にミリ波レーダーが1つずつ、車体の周りに計7つの単眼カメラ、天井部分にナビゲーション装置が搭載されており、センチメートル単位の精度をもつ百度の地図システムが組み合わされて、車線変更や追い越し、出入庫、信号の自動認識、半径240メートルの障害物の感知および回避機能を備えている。

 

さらに、百度は運行経路の交差点に自動車と道路の相互連携システム(V2X)を設置しており、バスから送られる運転情報が、道路側から送られる交通情報がリアルタイムでやり取りで、バスは実際の交通状況を踏まえた上で運行状況を調整することができる。

 

■重慶市のコネクテッドカー時代の幕開け

同市における完全な自動運転に向けた取り組みはまだまだ始まったばかりと言えるが、今後は急速にインフラ整備が進みそうだ。年内には同新区内にある400以上の交差点に車−道路相互連携システムを設置し、車両1万台に車載装置(OBU)を取り付けて全区内でコネクテッドカーサービスを利用できるようにする見込みだ。また、百度は重慶市内の山地の道路や高速道路での自動運転を目指し、さらなる研究開発を進めていくという。

 

(出典:https://mp.weixin.qq.com/s/aYRAxBf6SOQ33fczq1MOnw

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「重慶市で無人運転バス路線が営業開始、コネクテッドカー時代の幕開け」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.