FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.11.11
人気の観光スポット九份の今をレポート

北半球では多くの国々が冬を迎えている中、心配されていた冬のコロナウィルスが猛威をふるい始めて来ているようだ。日本ではGo Toトラベルの対策が実施され全国の観光地が賑わいを取り戻して来ているようだが、今回は台湾の観光地の様子をレポートしようと思う。

 

日本人にとって最も人気とも言える台湾の観光スポット「九份」。コロナ前は日本をはじめ韓国、中国等世界各国から観光客が押し寄せ、週末だけでなく平日も歩くのも大変な程の混雑ぶりであった。

 

コロナ禍により世界各国からの観光客が台湾に来れなくなった今、九份の多くの店が窮地に立たされているようだ。

 

筆者が足を運んだのは平日の昼間。コロナの感染がピークの時は知り合いのレストランオーナーから、「まるでゴーストタウンのようだ」との声を聞いたので、現在の姿が非常に心配であった。

 

メインの通りは3分の1の商店のオーナーが変わり、従業員を雇うコストをカットする為に土日のみの営業をする店が増えているようだ。

 

賑わいを見せていた商店街はシャッター通りとなっていた

 

人通りの一切無い状況を想像していたのだが、現在は南部からの台湾人観光客や地元の人々で少しの賑わいを見せているようだ。

 

茶芸館が並ぶフォトスポットの階段は台湾人で賑わっていた

 

普段は韓国語や日本語が飛び交う通りだが、聞こえるのは全て中国語、それ以外の言語が聞こえてこないのが不思議に感じられた。

台湾のどこの観光地でも言える点だが、地元の人々が好んで食べるような100元以内の「小吃(地元の人々が食べるお手頃台湾グルメ)」の店は昼時には満席状態になっていた。

 

九份名物の魚丸湯(魚のつみれ団子スープ)の店はどの店も賑わっていた

 

しかしながら海外からの観光客が好んで訪ねるような少し値段の高めの茶芸館や土産店はまるで別の地にいるような閑散とした状況であった。先に述べたように土日だけ開店する店や既に白旗をあげて早々と閉店している店もあった。

やはり日本でも同じ現象が見られると思うが、「海外観光客から人気の店」は今回のコロナで大変な打撃を受けているようだ。

景色の見えるフォトスポットは驚く程の混雑ぶりだ

 

こちらはコロナ前、コロナ後、全く変わらぬ景色が見られる

 

そしてもう1つ気になったのが、以前のようなごった返した混雑ぶりが無くなったせいか、野良犬や野良猫がコロナ前よりも悠々としているようだった。

 

メインの通りで堂々と寝転ぶ犬

 

もともと台湾の野良犬はかなりの自由気ままな生活を送っているが、コロナにより人が減り、更に自由度が増しているように見える

 

野良猫の姿も、心無しかより多く感じられた

 

犬猫への感染例も聞かれるが、少なくとも台湾では悠々と暮らせるようだ

 

一方人間界は多くの経営者が経済的な打撃を受けている。今回のコロナがいつまで続くか先の見えない中、観光地で店を経営している人々は大きな岐路に立たされているようだ。

 

コロナの一刻も早い終息を願うばかりだ。(提供/フライメディア)

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.