FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2021.07.12
7月1日は何の記念日?上海が「あかく」ざわついた1週間!

2021年、今年の7月1日は一大イベントの日だった。なぜならば、その日が、中国共産党の創立100周年の日だったからである。6月中旬には、この100周年を迎える準備が佳境に入り、到るところで「五星紅旗」がきれいにたなびき、党のスローガンが見え、「紅色」が街中を舞っていた

 

上海・市内でもお祝いムード満載

上海市内でもお祝いムードが盛り上がる!

 

市内の光景を見ただけで、おめでたい雰囲気が伝わり、「祝日」になるのではないか?とかすかに期待していた人もいたようだが、そんなことはなく、ただ粛々と準備が続いた。

 

上海・市内の公園に設置された展示

上海市内の公園に設置された展示

 

街中で、大きな変化が起きたところといえば、「駅名」の変更だ。地下鉄1号線の「黄陂南路」駅が「一大会址・黄陂南路」駅に、10号線「新天地」駅が「一大会址・新天地」駅に変わった。

 

上海・変更された地下鉄駅名

今回、変更された地下鉄の駅名(上海)

 

「新天地」といえば、上海でも外灘(バンド)や豫園に続く定番中の定番スポット。中国と西洋の融合が見られるモダンな石庫門(1860年代に見られる上海の中洋折衷型の伝統的建築様式)がSNS映えする風景で、海外からの観光客が必ず訪れると言っても過言ではない人気スポットになっている。日本で発行される雑誌やガイドブックで、「新天地は上海の表参道?」と紹介されることもあり、大人女子には、おしゃれなカフェやトレンドなショップが立ち並ぶエリアとして人気も高い。

 

上海・撮影スポットもたくさん!

SNS投稿用?撮影スポットの準備も万端!

 

この外国人観光客でにぎわうこのエリアには、中国共産党の第一回党大会が開催された建物があり、「中国共産党第一次全国代表大会会址(一大会址)」として保存され、現在は、記念館になっているが、上海に駐在する外国人にはあまり知られていない。

 

上海・老舗百貨店でもお祝い!

老舗百貨店もかなり気合を入れた”お祝い”!(上海)

 

ここは、普段も、国内の観光客が見学に訪れるスポットになっているが、今年は建党100周年とあって、普段よりも訪れる観光客が多く、入れ替わり立ち替わり記念撮影をする団体客で大にぎわいに。

 

上海・建党100周年を迎える上海市内

共産党創立100周年のお祝いムードはしばらく続きそうだ(上海)

 

上海では、外灘(バンド)で6月30日から7月4日まで、お祝いのライトアップショーが開催されたが、道路が人で埋め尽くされているかのような「密」状態で、記念日の意義の大きさを物語っていた。「混んでいるのは承知の上。次は100年後だから、どうしても見たかった」と感慨深くライトアップを撮影していた中高年の見物客がつぶやいていた。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「中国共産党創立100周年を祝う上海の街並み」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.