FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.09.04
下水管を美しい楽器に変えてしまった、農村出身の「街の発明家」

2018年9月2日、騰訊網によると、何の変哲もない下水管を美しい音色が出る楽器に変えてしまった「街の発明家」がいる。

 

遼寧省開原市に住む40歳の男性、朱躍さんは、排水に使うための何の変哲もないプラスチック製下水管を、魔法のごとくあっという間に新しい楽器に変えてしまった。近所の人たちは口を揃えて「あの人は才能がある」と言う。彼の発明好きはすでに広く知れ渡っていて、自身もSNSアカウント名を『発明大好き』に変えてしまうほどの発明愛好家ぶりだ。

 

(プラスチックの下水管で楽器を作った、朱躍さん 出典:騰訊網)

 

この程朱さんが突如思いついて作った「下水管楽器」は、見た目はパッとしないが、その音は心を動かすほど美しい。朱さんの工場を訪れると、朱さんは一組のスリッパを持ち出し、自らの太ももに何度かパンパンッと打ち付けた。それから目の前にある「下水管楽器」を叩きまくると、そこからは妙なる美しい音楽が鳴り出した。

 

(音の高さにあったパイプを選び、並べていく 出典:騰訊網)

 

朱さんは「平らなもので下水管の端を叩くと大きな音が出ることにたまたま気づいた。叩いていくうちに、管が長いと音が低くなり、短いと音が高くなるという原理を発見した。そこで、管の長さを調節し、順番に並べて一つにまとめて固定して楽器にした。20あまりの音が出せるので、どんな曲でも演奏できるよ」と、「下水管楽器」の完成秘話を打ち明けた。

 

(美しい音色を奏でるには、微調整が欠かせない 出典:騰訊網)

 

小さな頃から何かを叩いて音を出すのが好きだったという朱さん。農家に生まれ、事情により中学校2年で学校を辞めて修理技術を学ぶと、バイクや自動車の修理や機械加工に従事し、今は自分の機械加工工場を立ち上げた。今後の生活について朱さんは「小さな想像が生活を豊かなものにする。小さな発明を生み出し続けて、自分もみんなもハッピーにしたい」と語っている。

 

(情報源 https://new.qq.com/omn/20180902/20180902A1DZGT.html#p=1

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「農村出身の街の発明家」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.