FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.08.17
近未来を感じるロボットレストラン、アリババが上海南翔にオープン!

2018年2月、アリババグループが上海嘉定区南翔にスーパー盒馬鮮生(フーマーシィエンショォン/Hema)上海南翔店をオープン、店内にロボットレストラン「ROBOT.HE 機器人餐庁」があり、ハイテクレストランとして地元で話題となっている。

 

レストランの入り口

 

ちなみに、盒馬鮮生はアリババグループのニューリテイル戦略を実践する生鮮スーパーだ。

 

このロボットレストランでは、注文から決済まで全て、アプリで完了、注文した食事は、モバイルカーにより運ばれてくる。

 

明るく、開放感があり、広々とした店内

 

もともとこの盒馬鮮生では、海鮮など、大きな水槽から食材を選び、その場で調理・加工し、イートインできることが人気を集めている。

 

ロボットレストランのシステムは、まず、盒馬鮮生のアプリをダウンロードすることから始まる。

 

 

盒馬鮮生のアプリ画面

 

そして、盒馬鮮生のアプリ内の決済QRコードをスキャンして、座席NO.を受取り、入店する。

 

入り口で人数を確認して座席情報とアプリをひもづけする

 

入店すると、まず大きなレーンが目に入る。日本人には、さながら「巨大な回転寿し」のようにも映ると思う。

 

テーブルは座席指定

 

手にした座席NO.通りに席につき、テーブルにあるQRコードをスキャンして料理を注文する。もちろん、海鮮類は、スーパー内で直接食材を見て、注文することもできる。

また、スーパー内で購入したサラダや総菜、フルーツ類なども持ち込み可能だ。

 

食器類やソフトドリンクなどはセルフサービス

 

テーブルに設置された画面では、注文した料理の過程が「準備中」「調理中」などと表示される。

 

アプリに登録しているユーザー名や調理状況などが表示される

 

モバイルカーが到着すると、「ご注文の料理ができました」との音声が聞こえた。上部のカバーがあくので、料理をとりだすと、自動で閉まり、また走り出していく。

 

まるでアトラクションのような店内

 

システム制御されているので、注文した席に効率よく届けている。衛生的でもあるし、アトラクションのようで、モバイルカーが来るのが面白く、ついつい注文を追加してしまいそうだ。

 

平日は動いているモバイルカーも少ない

 

さて、ロボットレストランとは言っても、入口にはスタッフがいて、システムを説明しているし、片付けはスタッフが実施している。調理もロボットではなく、人が調理しているので、どちらかというと、人とロボットとで、効率的に役割分担をしているようだ。

 

ゆっくり楽しみながら食事ができる

 

中国で「無人化」サービスが急速にすすんでいるが、本当に「無人」のところもあれば、こうした人とハイテク技術が融合した「無人化」もある。

 

スタッフがシステムを説明してくれる

 

店内は、宇宙空間、近未来をイメージしたディスプレイ。明るく開放感があり、清潔感も感じる。上海で一度は体験してみたいレストランである。

 

 

ROBOT.HE 機器人餐庁(南翔店):

   上海市嘉定区南翔鎮銀翔路609号東方偉業広場B1

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海のロボットレストラン」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.