FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.05.29
アフタ-コロナ?!人気店導入でますます期待される「スマートロッカー」の活用!

今回のコロナウイルス感染の影響で、改めて脚光を浴びているのが、「無接触」サービス。その中でも今後の進化が期待され、もっと普及していくのではないかと思われるのが、「スマートロッカー」だ。

 

上海•マンションなどに設置されている宅配ロッカー

マンションなどに設置されている宅配ロッカー(上海)

 

これまでも、マンションやオフィスビルにある宅配ボックス(ロッカー)やアリババ系コンビニスタイルの「盒馬F2」、テイクアウト中心の「Pick’ n Go」と、スマートロッカーが活用されている。

 

上海•「盒馬F2」や「Pick’ n Go」のスマートロッカー

「盒馬F2」や「Pick’ n Go」のスマートロッカー(上海)

 

杭州にある無人レストラン「五芳斎(wu・fang・zhai)」でもスマートロッカーが導入されていて、オープン当時(2018年)、メディアでも大きく取り上げられていた。

 

杭州•無人レストラン「五芳斎」のスマートロッカー

無人レストラン「五芳斎」のスマートロッカー(杭州)

 

また、スターバックスも杭州や上海のアリババ系スーパー「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」店内で「星巴克外送星厨(スターバックス・デリバリーキッチンズ/Starbucks Delivery Kitchens)」をスタート、スマートロッカーを導入している。

 

上海•盒馬鮮生内の「星巴克外送星厨」のスマートロッカー

盒馬鮮生内の「星巴克外送星厨」のスマートロッカー(杭州・上海)

 

さらに、2019年には北京で、ピックアップやデリバリー配達員用のスマートロッカーを設置した「スターバックスナウ(Starbucks Now)」オープン。

 

北京•「スターバックスナウ」のスマートロッカー

「スターバックスナウ」のスマートロッカー(北京)

 

モバイルオーダー&ペイを使って、スマートロッカーからピックアップできるしくみで、“接客なし”の「無接触」で商品を受け取ることができる

 

とても便利な機能であるスマートロッカーではあるものの、当時は、大々的に広がっていくような勢いが見えなかった。だが、2019年以降、このスマートロッカーを導入する有名店がジワジワ増えてきた。

 

飲食店でこれから増えていくスマートロッカー

ますます増えていく「スマートロッカー」の活用!

 

例えば、広東省発で、上海でも話題の超人気ドリンク店「喜茶 HEYTEA」。上海にも数店舗あるが、2019年から、WeChat(微信)のミニプログラム「喜茶GO」で注文や決済ができる店舗「HEYTEA GO」を全国的に展開。ミニプログラムで購入し、スマートロッカーでドリンクを受け取るしくみを取り入れている。

 

深圳•「HEYTEA GO」のスマートロッカー

「HEYTEA GO」のスマートロッカー(深圳)

 

このスマートロッカーは、コロナウイルス感染の影響を受けて登場したのではなく、以前より利便性を重視したサービスとして導入されていたが、今回、こうして再び「無接触」サービスとして注目されたことで、今後、急激に進化を遂げていくことになると思われる。

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「スマートロッカーの活躍」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.