FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2021.03.08
行列マストでも地元の中高年層に大人気!上海でブームがきている「早茶」とは?

「網紅(ワン・ホン・ディエン/ネットで人気のお店)」に行くのは、若者の専売特許かと思いきや、実は、中高年・シニア層にも大人気となっている「網紅がある。

 

それが最近、上海でジワジワブームがきている早茶(ヅァオ・チャ)」と呼ばれる朝の軽食や点心をメインにしたレストラン

 

上海は「早茶」ブーム到来!

 

この「早茶」レストランは、必ずお茶を注文しなければいけないところが特長。こうした中国茶を飲みながら点心を食べるタイルは、広東や香港などで見られる食習慣だが、最近は、上海でも、以前と比べて、オシャレな「早茶」レストランも増え、リーズナブルな価格のお店もあり、手軽に楽しめるようになった。

 

上海で1番人気の「蘩楼」

 

こうしたレストランは予約ができるお店もあるが、それでも席獲得のための競争率は高い。とりわけ、デパートやショッピングモールが立ち並ぶ徐家(シュー・ジィア・ホゥイ)の百貨店内にある蘩楼(ファン・ロウ)」はダントツ人気を誇る「網紅店」。

 

蘩楼は店内ディスプレイもレトロ風で面白い!

 

中高年・シニア層のブランチのメッカとも言える「蘩楼」。9時から営業しているが、開店と同時に客は押しよせあっという間に3〜4名用席で50席待ちなどと想像できないほどの人気ぶり時間帯によっては70席待ちもあるとかで、もちろん2〜3時間待ちはざらだ

 

最初の一杯をスタッフがいれてくれる(上海)

 

レストランの入口では地元の中高年・シニア層が楽しく雑談しながら、席が空くのを待っている。時間にゆとりがないと、この人気店で食事をすることは困難。スタッフに比較的閑散する時間帯を聞くと、やはり軽食メニューなので、午後遅めの時間からとか。アルコール類はおいていなくて、ドリンクはお茶のみ

 

プリップリのエビが美味!(蘩楼)

 

ちなみにテーブルの横にお茶セットがあり、やかんから湯気が出て、コトコトと音がする様子は何とも中国チックで、趣がある。時間にゆとりがあれば、何杯でもお茶を飲みながら、ワイガヤできる。

 

各テーブルで必ずオーダーされる一品「紅米腸」

 

気になる料金だが、一品の価格はかなりリーズナブルお腹いっぱい食べても一人約100元(約1,500円)程度の予算でOK。数が多ければ多いほど、様々な種類の点心が楽しめるので、「早茶」には、グループなど数名で行くことをおすすめする。

 

 

蘩楼店)

上海市肇嘉浜路1000号 金百貨6F

最寄り駅は地下鉄1911号線「徐家」駅。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海で早茶を楽しむ」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.