FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.11.21
断崖絶壁!スリル満点の空中ブランコが重慶に出現

2017年11月16日、新浪網は、重慶市の観光地にある崖に設置された高さ300メートルのブランコが、スリルを求める市民たちで賑わっている。

 

(重慶市のテーマパークにある、高さ300メートルのブランコ 出典:中新網)

 

同市万盛区のオルドビス紀テーマパークは、約4億8000万年前のオルドビス紀をイメージしたレジャー施設。中でも険しい山間の地形を生かしたアトラクションで有名だ。谷の上に渡された床板が隙間だらけの橋の上を命綱を付けて渡るアトラクションがあれば、崖から張り出すように作られたガラス張りの床を歩く「天空懸廊」もある。どのアトラクションもスリル満点、見ているだけで足がすくみそうだ。

 

(このまま放り出されたら……と思うとゾッとする 出典:中新網)

 

今回紹介する空中ブランコもそのアトラクション群の1つ。ブランコは崖から突き出た橋に取り付けられており、乗った人は足場のない橋の外に向けて漕ぐことになる。地面からの高さは300メートルで、落ちてしまえばひとたまりもない。もちろん命綱やシートベルトで安全確保はされているが、それでも十分に怖いのである。

 

(ブランコの下には順番待ちの行列が…… 出典:中新網)

 

ブランコの長さは4メートル、漕いだときの振れ幅は60度前後とのこと。担当者は「崖のブランコは利用開始以降ずっと人気の高いアトラクションで、毎日のように多くの市民が体験にやってくる」と語っている。来年には4メートル以外にも6メートル、8メートル、さらには20メートルの長さを持つブランコを設置して、利用者により大きなスリルを味わってもらいたいとのことだ。

 

(情報源:http://slide.news.sina.com.cn/slide_1_86058_219138.html#p=1)

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「テーマパーク」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.