FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.09.20
史上最強のスリル!海抜1400メートルの山頂に設けられたガラス張りの階段

2018年8月28日、新浪によると、広東省にある海抜1417メートルの山のてっぺんにガラス張りの階段と通路が設置される。スリルを愛する観光客の新たな人気スポットになりそうだ。

 

(海抜1417メートルの金子山の頂上に設置された、ガラスの階段 出典:新浪)

 

ガラス張りの階段が設置されたのは、同省清遠市連山チワン族ヤオ族自治県にある金子山。海抜1417メートルは同省8番目の高さで、高さ、険しさと奇観で知られている。特に、断崖絶壁に取り付けられた長さ500メートル、2000段、最大斜度80度あまりという石造りの階段が人気を集めてきた。

 

そして今年10月1日の国慶節を前に、長さ200メートルあまり、200段あまり、平均斜度30度以上というガラスの階段が設置された。骨組み以外の部分がすべてガラス張りになっており、両脇はもちろん足元に広がる600メートル以上も下にある谷底までもがはっきり見える。

 

(横も下もガラス張りでスリル満点だ 出典:新浪)

 

近ごろ中国では、高い山の崖にガラス張りの桟道を設けるケースが相次いでいる。そのほとんどは高低差のないフラットな通路であり、金子山に設置されたものは全国初の崖に設置されたガラス張り階段なのだ。そのスリルはフラットな通路よりも大きく、観光客はまさに一歩ずつ恐怖やスリルと戦いながらチャレンジすることになる。

 

(天空へと続く階段のようだ 出典:新浪)

 

金子山の魅力はスリルだけではない。雲海、日の出、氷雪、神々しい太陽の光は一度見ると忘れられず、ガラス張りの階段を登ればまるで空を飛んでいるかのような気分になれるとのことだ。

 

(情報源:http://slide.news.sina.com.cn/c/slide_1_2841_314055.html/d/1#p=1

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「ガラス張りの階段」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.