FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.07.01
香港独自、我が道を行く飲み物 「コーヒー紅茶」

香港の茶餐廳(チャーチャーンテーン)と呼ばれる街の小さなローカル食堂へ行くと、香港独自の文化とも言える数多くの飲み物の存在を知ることになる。

中でも外国人や観光客にも知られる”香港独自の道を行く代表格の飲み物”と言えば「鴛鴦茶」があげられるだろう。鴛鴦という言葉は火鍋店でもよく耳にする事言葉だが、火鍋で言えば鍋の中央に仕切りのある、2種類のスープを使ったものを指す。同じように鴛鴦茶は2種類の飲み物が上手にブレンドされたもの日本語では「コーヒー紅茶」といわれる事が多く、香港では”定番”の飲み物である。

 

この鴛鴦茶、香港内の茶餐廳であれば ほぼどこでも飲むことができて、熱いものと冷たいものから選ぶことができる。味は香港式の苦味と甘さが混ざった紅茶とコーヒーをかけあわせたそのものの味がする。日本人には馴染みがなく最初は少し居心地悪いような気になるかもしれないが、慣れてくれば違和感もなく、美味しく感じるようになる。

 

また香港人は自宅や会社でもこの鴛鴦茶を気軽に作り飲んでいる。作り方は人それぞれ。コーヒーと紅茶を別々に入れてから混ぜる人もいれば、その前段階から一緒にしてお湯を注ぐ人もいる。

いずれにしても、身近な飲み物として受け入れられている。

 

街中へ行けば、ペットボトルになった鴛鴦茶が売られていたり、粉末状になっていてお湯を注ぐだけのものも数多く売られている。

 

コンビニで買ったペットボトル

 

左のボトルは港式奶茶(香港式のミルクティー)、右は鴛鴦奶茶(香港式ミルクティーとコーヒーのミックス)。

 

筆者が購入をしてきたスーパーで売られている鴛鴦茶、粉末状のもの

 

スーパーでは色々なメーカーの鴛鴦茶がずらりと並ぶ

 

上記はリプトン社のもの(左のオレンジ色の箱が鴛鴦奶茶)。

 

こちらも別のメーカーの鴛鴦奶茶(真ん中の紫色の箱)

 

鴛鴦茶がどのようにして始まったのか、発祥は分かっていないと言う。

ただ、効率的なことを好む香港人、そして東洋と西洋の文化や新旧が混ざった香港にはぴったりの飲み物ではないかと思っている。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「コーヒー紅茶」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.