FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.02.01
2019年の“春運”大移動がスタート!大きな荷物を手に、帰省ラッシュにも笑顔

今週に入り、いよいよ“春運(チュン ユン)”が本格化してきた。上海市内の地下鉄や街中でも大きなスーツケースをもった人たちの姿を多く見かけるようになり、一方、地方出身者が多いとされるバイクデリバリーの姿が少なくなってきた。

 

“春運”初日の上海虹橋駅

 

“春運”とは、「春節運輸」の略で、簡単に言うと、春節にともなう帰省ラッシュのための特別運輸期間を指す言葉だ。“春運”は一般に40日間と言われ、今年は1月21日から3月1日までがその期間だ。この期間には鉄道をはじめ、交通機関が特別ダイヤになる。

 

中国新聞網(12月29日付)によると、この期間で、全国の旅客輸送量は延べ約29億9000万人に達する見通しとか。この期間中は、人の流れが多くなり、その規模は、海外メディアでも「民族の大移動」と表現されるほどだ。

 

大混雑する高速鉄道駅の構内

 

高速鉄道(新幹線)発着駅の上海虹橋駅も、ご多分に漏れず、大混雑が始まっている。ここでも空港同様、セキュリティチェックと身分証の提示を必要としているので、鉄道駅入口付近には長蛇の列。

 

中国の身分証がある場合は、顔認証システムを使い、比較的スムーズに入場できるが、外国人のパスポートには対応していない。そのため、外国人は係員のいるカウンターでチェックを受けることになる。こうした案内やシステムがまだ浸透していないので、入口でも戸惑う人が多く、通過するのに時間がかかり、これも行列をつくる原因の一つになっていた。

 

駅入口で顔認証システムによる身分証チェック

 

もちろん、駅構内に入っても人、人、人。そして、その人数を上回るかのような荷物の数が構内をうめ尽くしている。

 

普段も比較的利用客が多く、混雑している構内だが、普段と違うのは、長蛇の列でも、待っている人たちの表情が嬉しそうなところだ。春節を目前にひかえ、大きな荷物をもって、家族で帰省する人たちは笑顔をうかべ、大混雑も“何のその”、である。

 

駅で「福」を持ち帰る?

 

駅構内も一気に春節モードで、おめでたい「福」という字を書いたり、即席の理髪店やキッズスペースなどが設置されたりしていた。

 

散髪してさっぱり!春節はもうすぐだ

 

こうした高速鉄道や長距離バスの混雑状況が高まっていくのとは逆に、いつも賑やかな上海市内の地下鉄やオフィス街は、地方からの出稼ぎの人たちが、帰省していくので、閑散としてきた

 

上海で春節を迎える人たちにとり、この国際都市が一年で最も静かな時期だとも言える。

 

参考:http://www.chinanews.com/gn/2018/12-29/8715970.shtml

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「2019春運スタート」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.