FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.01.17
2.5mのステンレス麺棒で生み出されるコシのある絶品麺!

2017年12月28日、捜狐網によると、陝西省西安市に絶品麺を作り出す麺職人がいる。
南吉祥さんのお店は粉ものを提供していて、近所の人だけでなく、南さんの麺が食べたくてわざわざ来る人もいるという。南さんは麺職人になって18年が経つ。彼が長年の経験からたどり着いた道具は2.5メートルにも及ぶステンレス製の麺棒だ。

 

かなり長い麺棒。まるで物干し竿のよう(出典:捜狐網)

 

「生地を伸ばすにはかなりの力がいります。木製と違いステンレス製の麺棒なら折れる心配はないし、2.5メートルもあって私の大きな麺台にはちょうどいいんです。これでやるとコシのある麺が出来るんですよ。」と話す。

 

南さんの朝は早い。6時前には起きて店を開け7時を回ると南さん夫婦以外にお婿さんも加わる。「まず粉と水をしっかり混ぜ合わせ、柔らかくて弾力のある生地を作ります。9時になるとお客さんが入り始めますね。」

 

生地を伸ばしていくのに30分はかかるそうだ(出典:捜狐網)

 

この大きさはすごい!(出典:捜狐網)

 

作業は分担して行う。生地作りは南さん、お婿さんは生地を伸ばす最初の段階を担当し、その生地をさらに南さんが薄く引き伸ばしていく。そして奥さんが麺を切り分ける。3人の機敏な動きとあうんの呼吸あってこそ、美味しい麺が出来上がるのだ。

 

麺の太さも重要(出典:捜狐網)

 

麺づくりは力仕事です。こねる、引き伸ばす、どの作業も疎かには出来ません。作業工程が多く手の込んだ仕事ですよ。

 

現在、近隣で手作りにこだわっているのは南さんのお店だけになってしまった。
儲からないけど、手作りをやめるつもりはないです。この地域のお年寄りのソウルフードですから、食べないではいられないですよ。街の方では台所も狭く、麺作りなんて手間がかかって面倒でしょう。だからぜひうちのお店へ来てください。美味しいよ!」と最後はお店のPRも忘れなかった。

 

(情報源:http://www.sohu.com/a/213331654_737391

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「2.5mのステンレス麺棒で作る絶品麺!」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.