FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.06.13
馬祖、金門の海の“青い涙”を観に行こう! 夜光虫を探せ 

夜の海に浮かび上がるブルーのイルミネーション。幻想的な海の美観が今、台湾の離島で思い切り楽しめる! 2018年5月11日の「Yahoo奇摩新聞」などが写真と記事をアップした。

       

金門の青い星の砂(出典:自由新報)

 

藤沢や京都の海岸で観られることもあり、その貴重な写真がアップされてファンを魅了しているこの現象は、赤潮の原因となる海洋性プランクトン「夜光虫」ー渦鞭毛藻(うずべんもうそう)によるもの。

 

渦鞭毛藻は、海風や波の刺激を受けると、蛍のように淡いブルーに発光し、時として、海と陸のはざまに「青い星の砂」として現れたり、また「海の青い涙」と呼ばれる景観を作り出す。

       

恋人と観るなら金門の慈湖海岸!?

 

CNNにより、世界の絶景15にも選ばれたことのある馬祖島、金門島のこの「青い涙」現象は、例年3月から9月のあいだに現れ、特に4月から6月には数多く観られる。

 

馬祖と金門では実は、海岸の地形が大きく異なる。馬祖の海岸は岩やがけが多いので、「青い涙」を遠景で眺めることになる。金門は、砂浜が広がっているため、海辺に立ってまじかに観ることができ、また、海水に触れて、まさしく「涙」を手ですくうこともできるのだ。

       

「青いビールの海」とも呼ばれるー馬祖(出典:新頭殻)

 

馬祖では、観光客のために毎晩6回のツアーが催されている。1回のツアーはだいたい20分。救命衣をつけ、ガイドが案内する。参加費用は一人あたりNT$300(約1100円)。南竿、北竿、東引島などのスポットで鑑賞できる。

 

金門でオススメの海岸は、慈湖、水頭、後湖、尚義、成功南など。リアルタイムの情報は、Facebook「金門藍眼淚」でチェックできる。金門県撮影学会の許進西理事長が立ち上げたもので、写真もたくさんアップされている。民宿「幸福樹舎」のご主人「阿弘」さんに連絡するのもOK。

       

馬祖の「青い宝石」=Chen Ray Yi撮影(出典:新頭殻)

 

満月など月の光が煌々とさす夜は避けるため、足元は暗いので、携帯ライトを所持し、一人ではなく友達など誰かと一緒に行くこと。滑らない靴をはく。また、刺激を与えてより光らせようと石などを投げ込むのは厳禁、ゴミの投げ捨てはもちろんNGとのことだ。

 

離島での海の「青い涙」に感涙! 一生に一度は体験したい。

 

(情報元:https://tw.news.yahoo.com/有片-季節限定-藍眼淚-大爆發-前往金門馬祖探索銀河般海景-080000094.html

http://newtalk.tw/news/view/2018-04-18/121341

http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/2393931

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「馬祖、金門の海の青い涙」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.