FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.06.12
豪華絢爛!上海協力機構青島サミット 光と花火のセレモニー

2018年6月9日午後9時、青島国際帆船センターで、上海協力機構(SOC)青島サミットレセプションパーティーが開かれ、各国のゲストを盛大な光と花火の演出で出迎えた。
青島国際帆船センターは2008年北京オリンピックのセーリング競技会場となった場所だ。

 

オープニングセレモニーの総監督は映画監督の張芸謀(チャン・イーモウ)、総合プロデューサーは照明デザイナーの沙暁嵐が担当した。2人は2008年北京オリンピックでも活躍したコンビだ。準備には半年もの時間が費やされ、発展目覚ましい中国の風格が漂う、会場となった山東省の特色が打ち出された、盛大なセレモニーとなった。

 

有朋自遠方来(ともあり遠方より来たる)」というタイトルがついたセレモニーは第5章から成り立っており、天をスクリーンに、海をステージに、街をバックに壮大な演出で見るものを魅了した。会場だけでなく、海岸沿いにそびえ立つビルをも使い、街ごと色とりどりに輝かせたのだ。

 

【第1章 天涯明月】
ここは海?それとも天の彼方なのか?神秘的な空間を演出。

 

 

【第2章 斉風魯韻】
音楽、照明、踊りを融合させ、山東の艶やかな文化を上演。

 

 

菏澤市の特産物「菏澤牡丹」や泰山の絵巻などが、街のビルにも映し出された。

 

【第3章 国泰民安】
国民が主役の社会をアピール。
人々の笑顔をビルに投影したプロジェクトマッピングで、笑顔あふれる街を演出。

 

【第4章 築夢未来】
科学技術を屈指し、未来を創造。
レーザーライトと照明による演出で、近未来感たっぷり。

 

 

【第5章 命運共同体】
最後はチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」に合わせ、四季をテーマにした花火が打ち上げられた。

 

青島の立地を生かした、中国のスケールの大きさを感じさせる今回のセレモニーは、各国の首脳たちに国力を存分にアピールできた機会となったことだろう。

 

(情報源:http://slide.news.sina.com.cn/c/slide_1_2841_283453.html#p=1
http://news.cctv.com/2018/06/09/ARTIjis2dsOBPqCW2ty0zyJP180609.shtml
http://www.ctdsb.net/html/2018/0611/phenomenon158747.html
http://www.dzwww.com/shandong/shandongtupian/201806/t20180610_17472804_2.htm) 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「青島サミット 光と花火のセレモニー」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.