FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.07.06
今や常識!?お酒のつまみは魚の皮(香港)

香港では魚の皮食べる食文化が定着している。

勿論生で食べるのではなく、薄く衣をつけてパリパリに揚げた「炸魚皮」(魚の皮のから揚げ)と呼ばれるものを食す。

 

一昔前まで、この「炸魚皮」を食べようとする場合、お粥や麺屋 或いは火鍋屋へ行くのが常であった。

また筆者が初めてのお粥屋や麺屋に入る際、その店が美味しいかどうか見極める一つの目安が、「炸魚皮」があるかどうかにもなっている。

魚皮が置いてあるという事は 店で新鮮な魚を裁き、そこで裁いたフレッシュな魚皮を利用して「炸魚皮」を調理する。

その為、他のメニューについても自ずと”新鮮なものを揃えているに違いない”と判断をするのだ。

 

香港魚皮

あるお粥店の外で売られていた炸魚皮

 

その日作ったものをその日のうちに販売している。

 

香港魚皮

こちらは、人気の麺店で追加オーダーをした炸魚皮

 

香港魚皮

炸魚皮はローカルチェーン店でも勿論人気

 

このチェーン店では、セットメニューに炸魚皮が付くものがあったのでオーダーしてみる。

 

炸魚皮の食べ方は人それぞれ。

お粥、麺、火鍋などに浸して食べるのも良し。そのまま、スナック代わりとして食べるのもまた美味である。

コンビニエンスストアやスーパーでは、炸魚皮をスナックにみたてた所謂「魚の皮チップ」も売られている。

 

そして数年前、シンガポール発祥で人気が出たものが「鹹蛋魚皮」だ。

鹹蛋、つまり鹹蛋は中秋節の月餅の中に入っている、アヒルの卵を塩漬けにしたものである。

その鹹蛋を魚のから揚げの衣部分にまぶしているのが「鹹蛋魚皮」だ。

 

甘塩っぱさと魚の皮のポリポリ食感が絶妙で、一度食べだしたら止められないスナックとして一世を風靡した。

シンガポール発祥のこのスナックは香港のみならず、日本でも話題になったはずである。

一時期は人気ブランドの「鹹蛋魚皮」を買うために、行列を作って購入する時期もあったほどである。

 

ただ、美味しいものには裏のマイナス面もある。

魚の皮は栄養がありコラーゲンも多いとは言っても、から揚げにする事でカロリーが増える。

その為、「炸魚皮」をあえて食べない健康志向の香港女性もいる。

そんな「炸魚皮」にさらに栄養がある鹹蛋をまぶすとくれば、食べすぎてはいけないものだと誰もが想像ができる。

それでも食べずにはいられない程の美味しさが「鹹蛋魚皮」なのだ。

食後に少しずつこの「鹹蛋魚皮」チップを食べるのが、筆者にとっても日々の至福のひと時という時期が暫くあった。

 

 

香港魚皮今では多くのブランドや味の種類も増えた「鹹蛋魚皮」

 

これはシンガポールの老舗人気ブランドのもの。

 

そうこうして、今ではこの少々お高いスナック「鹹蛋魚皮」がどこでも買えるまでになったのだが、最近のトレンドが出はじめている。

この1-2年、現地特有のメニューがあるようなちょっとしたバー等へ行くと、手作りの「鹹蛋魚皮」が”酒のつまみ”としてメニューにある店が増えてきた。

メニューにある「鹹蛋魚皮」をオーダーすると、まさに揚げたてでパリパリの「鹹蛋魚皮」が出てくるのである。

ただでさえ美味しい「鹹蛋魚皮」が、真空パックのスナックではなくその場で調理されたとあれば、それ程美味しいものはない。

そしてそれこそ、ビールに合う超絶にうまいツマミとして喜ばれているのだ。

 

香港魚皮ローカル食堂をイメージした人気の店でも、こんな風に揚げたての「鹹蛋魚皮」が

 

香港魚皮こちらはビクトリアハーバーを見ながら飲める少しセレブなテラスバー

 

そんなお洒落な店でも「鹹蛋魚皮」がメニューにあった。

 

香港魚皮揚げたてサクサク・アツアツの「鹹蛋魚皮」は、どんなツマミより魅力的だ

 

こうして、人びとの庶民の生活に根付いた昔ながらの魚の皮が、スナックとして世界中に発信され、やがてお洒落な飲み屋のツマミとして登場するようになった。後少ししたら、また違った形で炸魚皮を楽しめる日が来るかもしれない。

 

香港、アジア圏ならではのこんなメニューを見つけた際は、ぜひ一度試して頂きたいと思う。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港の酒のつまみは魚の皮!?」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.