FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2020.07.06
第2波懸念!北京で新型コロナ集団感染が発生し、再び緊張する上海市内で検温復活!

上海市内でも、新型コロナウイルスの感染が抑制されたかのように思えた矢先、北京での市場における新規感染者数の増加というニュースが飛び込む。

 

上海は、5月9日、感染症に対する警戒レベルを示す重大突発公共衛生事件(重大かつ突発的な公共衛生事件)を2級から3級対応へと下げ、それによって地下鉄などの公共交通機関やショッピングモールなどの施設での検温や健康コードをチェックすることも減り、地下鉄や公共施設など「3密」となりやすい場所での着用以外は、マスク着用規定も緩和されてきた。すでに梅雨入りしている上海では、蒸し暑い日が続き、市民もマスクをはずせる日を今か今かと待ち望んでいた

 

上海・「3密」回避ではマスク着用は任意です

外でもまだほとんどの人がマスクを着用!(上海市内)

 

そうした中、今回、北京の集団感染というショッキングなニュースが入り、SNSをざわつかせ、上海市内でもコロナ感染「第2波」への懸念が強まっている。再び、上海市内のショッピングモールなどが、検温や健康コードのチェックを再開、特に、北京への移動履歴がある人の管理を徹底して実施している。

 

上海・地下鉄では検温とマスク着用のチェックが続く

地下鉄改札での検温とマスク着用チェックはまだ続く!

 

今回、集団感染が発生した北京の市場に関する一部報道で、サーモンの処理に使われたまな板から新型コロナウイルスが検出されたとか、サーモンの感染源疑惑がとりあげられていることを受け、上海市内でも、生の海鮮を扱う飲食店オーナーは、風評被害で客足が遠のくのではないかと懸念。すでに、「刺身などの注文率に変化が出てきた」と、日本料理店のオーナーも消費者の動向には敏感になる。

 

上海・店内はマスク着用がマスト!

「消毒済み」の店内ではマスク着用がマスト!(上海)

 

現地では、新型コロナウイルスとの攻防が長期戦になると覚悟した見方をする人が多い。

 

上海・平日は閑散としているショッピングモール

平日、閑散としたショッピングモール(上海)

 

そのため、感染者数の増減に一喜一憂するのではなく、この特殊な状況、即ち、アンダーコロナ或いはウイズコロナで、新たなライフスタイルのリズムをどうつくっていくのかに、関心が高まっている。

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「第二波懸念!上海で検温再開!」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.