FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.07.23
香港製造100%! 今、香港クラフトビールが熱い!!

この数年、香港製造のクラフトビールのブームが到来している。今年から来年あたりはそのブームのピークと言っても良いのではないだろうか。

 

そもそも香港ではそれ程ビール文化が浸透してこなかった。元イギリス植民地であり国際色豊かな地域のため、街へいけば多くのバーもある。しかし、地元香港人はその人口の割合に対しビール愛好家は多いとは言えず、地場ビールも発達してこなかった。

 

香港で地場のクラフトビールが発達してこなかった理由は、幾つか推測できる。大きな理由としては、やはり土地が狭いという事があげられるのではないだろうか。大きな樽を置くスペースが必要なビール製造には、それなりのスペースと資金が必要だ。また長寿大国と知られる香港では、体を冷やす飲み物からは遠ざかる傾向があった。

 

それがこの数年、香港にもクラフトビールの波がやってきた。それは外国産のクラフトビールを多く飲めるバーから始まり、今では香港製造のクラフトビールが多く出現してきているのである。

この数年の香港製造品に対する盛り上がりも、香港クラフトヒールのブームの後押しをしているに違いない。香港ではオールド香港・レトロ香港・香港自らの文化を見直す動きが盛んになってきている

その中で香港独自のものを作り出す動きが加速をするのは、頷ける話だ。

 

現在香港にあるクラフトビールのブルワリーは、外国人先頭に立っているものから香港人のみのものまで、規模も種類も様々だ。今日はその中の幾つかをご紹介してみたい。

 

こちらは香港クラフトビールの先駆者的存在のヤングマスター(Yong Master,少爺)。香港に2ヶ所のブルワリーを持ち、うち1ヶ所では定期的な工場見学をしている。また、多くのレストランやホテル・有名店と提携をしたコラボレーションビールも提供している。昨今 有名どころのバーへ行けばヤングマスターを置いているところが多く、日本人がもっとも飲むチャンスが多いメーカーだといえる。

 

 

第2ブルワリーの中。レストラン等では数種類ずつしかないビールが、ここへ来ればほぼ全ラインナップを入手できる。

 

 

オールシーズンのものから、季節限定品まで常時数種類のラインナップがある。香港の気候や文化にあったビール造りをしており、その独創的な味を造り出すスタイルは、クラフトビール業界のリーダー的存在ならでは。

 

 

また、そのレトロなロゴやビールラベルはデザイナーと作りあげてきたもの。このレトロなパンツスタイルのロゴは一度見たら忘れられない印象があり、今のオールド香港ブームにもぴったり。香港製造百份百(100%香港製造)を大きく打ち出している。

 

ヤングマスターの人気の勢いは止まらず、香港のみならずシンガポールなどへも進出をしている。

 

そしてこちらは香港の神様にまつわるビールを造りだしている門神。門神(MOONZEN)という企業(ブランド)名は、名前の通り中国や香港で信じられているドア・ゴットの神様をからきているもの。

この門神が製造するビールのラインナップは色々な神様の名前が付けられており、趣向が面白い。

 

中国・香港に関する神話ストーリーからビールの名前が付けられている

 

こちらは門神ビールの一部。Moon Goddess, Jade Emperorなどビールの名前付けも面白い

 

門神でも毎週1回、一般の人が入場してビールの試飲や見学ができる

 

最近ではスーパーなどの小売店でもクラフトビールのラインナップを増やしている。

 

こちらは人気の鬼佬(gwei-lo)。鬼佬は広東語で外国人(西洋人)の男性を意味する。昔は西洋人の男性が飲むものだったビールだが、それをブランド名にするというのは香港ならでは?

 

 

味は勿論のこと、各社趣向を凝らして香港らしさをアピールしながら成長をしている香港クラフトビール。ぜひ一度手にとったり、ブルワリーを訪れたりしながら、飲み比べていただきたい。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港クラフトビール」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.