FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.03.14
直径わずか2.4ミリ、鉛筆の芯の彫刻アートにハマった男性

2018年3月8日、捜狐によれば、鉛筆の芯を使って小さな彫刻作品を作る男性が、中国にいる。

 

26歳の電気工、賈さんの自宅には大量の鉛筆が転がっている。一見何の変哲もない鉛筆なのだが、目を凝らしてよく見てみると、ネジやVサイン、急須など、先端の芯の部分にさまざまな彫刻が施されているのだ。

 

(目を凝らしてみると、ネジであることがわかる 出典:長春日報)

 

たまたまテレビを見ていたら、外国人が鉛筆の芯に彫刻していて、自分にもできるかもしれないと思って始めた」と語る賈さん。何しろ細くて小さい芯を慎重に削る必要があるため、最初は失敗の連続だったという。しかしある時、ついに第1作目の『げんこつ』が完成。作りあげた喜びに加え、周囲の有人から高い評価を得たことで、賈さんの創作意欲に火が着いた。

 

(こちらはVサイン。拡大するとその細かさがよくわかる 出典:中新網)

 

賈さんは「この彫刻はかなりチャレンジング。2B鉛筆の芯の直径は2.4ミリで、ちょっとでも手が震えればおしまいだ。使う芯はよく見かける2B、4B、6Bの3種類。作品によって使う鉛筆の種類を変えている。彫刻や絵画を習っていたわけではないので、デザインのほとんどはネット上から集めてくる」語る。

 

(ほんの少しの手元の狂いで、作品がダメになってしまう 出典:捜狐)

 

使う工具はピンセット、小刀、縫い針とシンプル。小刀で鉛筆の芯を出し、ピンセットでつまみながら形を作り、最も難しい彫刻の工程に入る。始めて3カ月ほどで10作品余りを作ったが、そのために100本以上の鉛筆をダメにしたほか、指は針で刺した跡でいっぱいになっている。賈さん曰く、鉛筆彫刻の創作を通じて「達成感とともに、物事に対する忍耐力が身に着いた」とのことである。

 

(情報源:http://www.sohu.com/a/225147780_394969

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「鉛筆の芯の彫刻アートにハマった男性」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.