FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.10.30
怪我を克服「命ある限り飛び続ける」農民発明家の航空機が海外から高評価

2017年10月26日騰訊新聞が農民発明家の趙斌さんを紹介。
10数年前河南省の炭鉱で働いていた趙斌さんは鉱山へ出入りする際、ヘリコプターがあればどんなに便利かと思ったそうだ。そんな時、彼は友人が所有する中古のヘリコプターに乗り「山々が小さく見える光景に魅了されてしまった。」と話す。趙斌さんはお金がないので自分で航空機をつくろうと決心した。

 

回転翼航空機の一種、オートジャイロ(出典:騰訊新聞)

 

オートジャイロとはエンジンで後部のプロペラを動かし、前進した時に生ずる風力によって上部の回転翼(ローター)が回り、揚力を得て浮揚する。

 

彼はまず国内の発明家のもとを訪ね、小型回転翼航空機の設計図を手に入れた。部品は廃品回収所で購入し、機体はスクラップ品を加工した。エンジンは軽くてパワーがあるモーターボートのエンジンを代用し、高いものだと7万元(約119万円)もするローターは自分で図面を引き、アルミ板を探して板金工場で加工した。

 

不屈の精神で挑戦を続けてきた趙斌さん(出典:騰訊新聞)

 

趙斌さんはテスト飛行中に事故を起こし、腰椎を骨折して3年間寝たきりの生活を送ったこともある。医者にはもう一生空を飛ぶことは出来ないと言われたが、彼は決してあきらめなかった。

 

操縦席内部。計器類と操縦桿(出典:騰訊新聞)

 

これまで彼が航空機に費やした金額は2,000万元(約3億4,000万円)。11年間で200機を製造した。時速200キロメートル、飛行高度5,000メートルを超えるものもあり、海外から100機の注文を受けるまでになった。価格は1機50万元(約850万円)。「うちの航空機はヨーロッパの水準と同等です。大量生産が始まれば、生産ラインを拡大しますよ。」と話す。彼は今、約3万平方メートルのテスト飛行場を建設中で、小さな空港をつくることも考えている。どこまでも続く大空のように、彼の夢も無限に広がっている。

 

(情報源:https://news.qq.com/a/20171026/038867.htm#p=1

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「農民発明家のオートジャイロが海外で高評価」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.