FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.10.27
秋の味覚、上海蟹のシーズン到来!この時期、絶対外せない上海グルメはこれだ!

「蟹食べた?」この時期の上海でよく聞く会話だ。もはや上海や近郊では、秋の風物詩となっている、この時期がシーズンの上海蟹。日本でも知名度は高く、上海蟹独特の「濃厚なミソ」にはまってしまう日本人も多いと聞く。

 

秋の上海ではずせないグルメはこれ!

 

日本では、一般に「上海蟹」と言っているが、中国で上海蟹と言ってもほとんど通じない。中国では、「大閘蟹 (ダーヂィアーシエ)」と呼ばれているからだ。「大閘蟹 」、即ち、上海蟹は、江蘇省蘇州近郊の「陽澄湖(ヤンチェンフー)」が名産地として知られる。

 

ここの蟹は「陽澄湖産」と書かれたタグがついていたり、或いは刻印があって、いわゆる「陽澄湖ブランド」として販売される。あまりにも人気なので、毎年シーズンになると、「陽澄湖産」の偽物も市場に出回り、話題となる。

 

「蟹を食べるとみな、無口になる」よく言われる言葉だ

 

巷で人気が高い陽澄湖産だが、果たしてどこが違うのか?なぜ人気なのか?それは、陽澄湖の水質がよく、餌も豊富なので、蟹が大きく育ち、味がよいからだと言われている。また、湖の泥が少なく、臭みがないことも理由の一つだ。

 

いたるところで目につく「大閘蟹」の 広告

 

秋の風物詩と言える「上海蟹」だが、養殖もされているので、今では、専門レストランなどでも1年中出回っている。ただ、丸ごと蒸したものを美味しく食べるには、9月中旬から11月下旬頃までがシーズンだとされている。

 

現地では、「九雌十雄 (9月の雌、10月の雄)」 と言われているが、時期により、たっぷりの卵をもった雌、白子がぎっしり詰まった雄を選んで食べるのが上海蟹の「ツウ」の食べ方。ちなみに、これは、旧暦でみるので、実際には10月の雌、11月の雄が最高となる。

 

上が雌で、下が雄。一般に一対食べるのが基本。

 

標準な重さは、雄が200gで、雌が150g。当然、重ければ重いほど、価格も上がる。陽澄湖まで行って食べると、重さにもよるが、1匹30元〜70元(約500円〜1200円)ほど。これが上海市内のレストランで食べると、1匹で約180元(約3000円)から。

 

レストランでは値が上がるので、市場やスーパーなどで売られている上海蟹を買って来て自分で調理する人も多い。もちろん一番人気が高いのは、やはり陽澄湖まで行き、上海蟹を食べることだ。

 

雄、雌、そして重さにより値段が違う

 

ところで、蒸した蟹は体を冷やす作用があると言われ、高級レストランなどでは体を温める紹興酒をすすめられたり、ショウガ茶のサービスなどがある。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海蟹のシーズン到来」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.