FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.11.01
あき缶ロボットの動画がネットで話題!農村青年の次なる夢は?

2014年10月31日、騰訊網によると、福建省に住む農村の若者が、空き缶を利用してロボットづくりをし、ネットで話題だ。

 

空き缶を使った制作で笑顔の盧さん

 

水陸両用のあき缶ロボットのおもしろ動画を発信して一躍時の人となったのは、福建省三明市の小さな村に住む盧長輝さん(29歳)。ネットで有名になる前、同市内で小さな洋服店を営んでいた。

 

村の青年と共に空き缶ロボットをつくる

 

「空き缶を使うのが面白そうだったから」。盧さんはネットで空き缶を使ったロボットを見て、独学でロボット作りを始めた。最初は不慣れで、出来映えもよくなかったが、1ヶ月ほどすると、歩くロボットを作れるほどの腕前になった。

 

その後、「ダンスをする空き缶ロボット」や「バーベキューをする空き缶ロボット」などを次々とうみ出し、その動画をネットで発信して、高い人気を得るようになった。

 

一日の大半はロボットづくりに!

 

さて、ロボットの材料になる空き缶は村の子どもたちが飲み終えたジュースなどの飲料の缶をリサイクルしている。細かい部品はネットで購入していて、一番お金がかかるのが、リモコンに使う費用。1体のロボットの制作費は100数元(約1680元)ほどだ。

 

制作時間は、ロボット1体つくるのにだいたい3~4時間ほどで、複雑なものになると、1~2日かかるとか。

 

友人と制作した「空き缶ロボット軍団」

 

盧さんがロボット作りだけでなく、動画のバックミュージックにこだわり、テーマを「奮闘」や「成功」などポジティブなものにしたところ、これまで以上にネットでの受けが良くなった。

 

夢や希望を与えるテーマは人気が高い

 

今では、ロボットづくりで、ある程度の収入を得るようになった盧さんだが、ロボットづくりを始めたころ、周りでは反対する意見が多かった。空き缶で遊んでいて、真面目に働いているとは見えず、母親からも反対されていた。

 

今、盧さんの動画はネットで100万人以上のファンがいて、安定した収入ではないものの、ネットでの年収が3万~5万元(約50~85万円)にあがった。

 

制作中は真剣なまなざしの盧さん

 

そのような中、有名になればなるほど、模倣する人も出てきて、最初の斬新さを失ってしまうので、常に新しいオリジナルのものを作らなければ、ネット民は飽きてしまうと、盧さんは焦りやプレッシャーを感じている。

 

夢の「空き缶ロボット村」づくり

 

そこで、次なるステージを目指して、盧さんは自宅の畑の一部を改造して、「夢の村」と名付け、そこにミニチュアサイズのロボットが住む村をつくることを決めた。「夢はこの村で“生活する”ロボットを撮影して、映画館で放映すること」、ネット発信を通じて広がった世界で、盧さんはこれからの夢を語った。   

 

 

(情報源:http://news.qq.com/original/oneday/2861.html

     http://www.kejixun.com/article/171023/383481.shtml—

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「話題の空き缶ロボット動画」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.