FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.01.25
上海土産の定番「大白兔」のポップアップストアがキュートすぎる!!

上海土産の定番と言えば、すぐ思いうかぶのが、「大白兔奶糖(ダァーバイトゥーナイタン)」というミルク味のキャラメル。上海市内のスーパー、コンビニ、観光地の土産店などには必ずおいてあるので、上海観光で目にしたことがあるかもしれない。

 

包み紙がレトロでキュート!

 

地元でも“上海の味”として「大白兔(ダァーバイトゥー)」と親しみをこめて呼ばれていて、外国人観光客だけでなく、国内観光客にも人気が高い上海土産だ。ちなみに読んで字のごとく、“白兔”とは、“白うさぎ”のことを指す。

 

白いうさぎのロゴが目印!

 

「大白兔」は、うさぎのロゴが入ったレトロな感じの包み紙が目印で、キャラメル自体はオブラートに包まれている。口に入れると、あまくて濃厚なミルク味が広がる。昔懐かしい味には、子どもだけでなく、お年寄りまで幅広い層に人気があり、熱烈なファンも多い。

 

今年で60周年を迎える「大白兔」

 

この「大白兔」が1959年より販売され、今年60周年ということで、そのポップアップストアが上海のLuOne凱徳晶萃広場というショッピングモール内に登場した。

 

大きいキャラメルが目立つフロア

 

このポップアップストアは今後、全国各都市をまわる予定で、上海では2月28日まで「LuOne×大白兔60周年展」として開催されている。

 

平日でも自然と人が集まってくる人気ぶり

 

ポップアップストアでは、UFOキャッチャーをはじめとする気軽に参加できるゲームやDIYイベントなども設置され、ショッピングモール内を通行する人の注目を集めている。もちろんSNS映えする撮影スポットもある。

 

気軽に楽しめるゲームエリアや撮影スポットも!

 

ストアではおなじみの「大白兔」キャラメルのほか、クリアファイル、マグネットなどの文具をはじめ、クッションなどの雑貨も販売されていて、若者や家族連れでにぎわっていた。

 

とくに、昨年SNSでも話題となった、入手困難な「大白兎」ミルクキャラメル味のリップクリームもあり、若い女性を中心にまとめ買いをしている姿が目立った。

 

リップクリームは39元(約663円)

 

また、ストアに隣接して「大白兔」の包装紙の移り変わりやロゴなど歴史についての展示エリアもある。

 

ショッピングモール正面の「大白兔」

 

 

LuOne X 大白兔60周年展:LuOne凯德晶萃广场(上海市黄浦区徐家匯路268号)

                               地下鉄9、13号線「馬当路」駅下車

 

 

参考:http://sh.sina.com.cn/life/other/2019-01-21/detail-ihqfskcn9013537.shtml

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「大白兔のポップアップストア」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.