FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.02.12
広東オペラなどの継承・促進を担う「戯曲センター」がオープン

何年もの工事期間を経て、急速に変化を遂げている西九龍文化地区。

この西九龍文化地区に2019年1月20日、「戯曲センター (戯曲中心)」がオープンをした。

 

 

堂々たる風格を持つ戯曲センター(戯曲中心)の外観

 

 

戯曲センターは、香港特有の広東オペラを始めとする中国伝統芸能の「戯曲」の発展及び促進の目的で建設された

 

戯曲センターのパンフレット内より抜粋、グランドシアターの公演イメージ

 

 

その美しい建築は、中国地方の伝統的なランタンから発想を得て作られているという。また、特徴的な三角形の出入りは、ステージの幕が開く様子を表現しているとの事だ。

 

独創的な形をしている出入り口(内側から撮影)

 

これらの特徴的で独自性のあるデザインは、伝統芸能と現代をかけあわせて発展をするテーマでデザインされている。建物内部に掲げられている垂れ幕「戯台八景」も 同じく昔ながらの舞台セットを現代風に絵にしたものだ。

 

戯曲センターの建物は観劇用のシアター、イベント等が行われるアトリウム、そしてお茶を飲みながら鑑賞やイベントを行うことができる茶館劇場、セミナーホール、スタジオ、レストラン、ショップなどの設備がある。

 

アトリウムの様子

 

アトリウムでは、現在期間限定で、戯曲中心が出来上がるまでの写真展が開かれている。

 

多方面の角度から戯曲や伝統芸能を楽しめる施設とあって、これからは色々な世代の人や外国人も広東オペラ・戯曲に触れるチャンスが増えるのではないだろうか。

 

中国本土へとつながる高速鉄道駅

 

戯曲センターからは、先般開通をした中国本土への高速鉄道駅もすぐ近くに見る事ができる。

 

戯曲センターの裏側出入り口からは対岸の香港島も眺めることができる

 

開発中の西九龍文化地区にはこの先10年を目処に芸術公園、演劇総合劇場、故宮文化博物館、音楽劇場などの施設が順次オープンしていく予定になっている。今後は香港の文化芸術をリードする注目のエリアだ。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「『戯曲センター』オープン」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.