FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2021.02.27
うさぎのランタンがかわいい。旧正月最後の締めくくり「元宵節」を迎える!

2月26日は、「元宵節(ユェン・シャオ・ジィエ)」。春節(チュン・ジィエ/旧正月)から数えて15日目にあたる日つまり旧暦115日をさし中国ではランタンを見物して、元宵(ユェン・シャオ)とか湯園(タン・ユェン)とよばれる団子を食べるといった伝統行事が行われる。

 

ランタン飾りがキレイな豫園周辺の通り

 

上海の有名な観光地の一つである「豫園」でも「ランタン・フェスティバル(灯節)開催され、幻想的なランタンの光で彩られている。ランタンフェスティバルでは、大規模に飾られている見物用ランタンも見どころの一つだが、子どもたちにとって楽しみなのは、多くの露店がここぞとばかりに出店すること。

 

そこでは、カラフルな手持ちランタンも売られていて、目移りするほどだ。とりわけ、うさぎのランタン(兔子灯)が大人気となる。

 

ネットで購入できる「うさぎランタン」材料セット

 

昨今では、プラッチック製よりも、昔ながらに手作りで作られているほうが人気手作りうさぎランタンは、竹ひごで骨格を作り、紙を貼ってつくるのだが、こうした作り方は、ネット動画などにあり、家庭でも動画を見ながら手作りすることができる。もちろん、必要な材料もネットで簡単に購入可能だ

 

出来上がったランタンには、本来、ろうそくを灯すのだが、燃えてしまう危険もあるため最近は、LEDライトを使うのが主流

 

どのお店もランタンを準備して販売(上海・豫園)

 

豫園も周辺をふくめて光ったランタンを手にする家族連れや若者でにぎわう。若者には、手作り感いっぱいのランタンが人気のようで、どの店でも売れ行きが良い。毎年、早々と完売するほどだ。

 

ところで、なぜうさぎ?思われるかもしれない。いろいろ説もあるようだが、何より中国では、うさぎは長寿の薬を作る神の使いと考えられ、「無病息災」や「長寿」の象徴とされている

 

赤いランタンを見ると、お祭り気分になる?(上海)

 

この元宵節までで、旧正月が終わり、お正月気分も雰囲気もこの日までランタンを楽しむ人の表情に新しい年がスタートする期待がうかがえる。

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「うさぎランタン」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.