FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.09.15
月餅商戦!中国限定のスタバ、ハーゲンダッツと今年も華やかにスタート!

今年も「月餅(げっぺい)」の季節が到来している上海。月餅は中秋節に家族で食べて、一家団欒を祝い、家庭円満を祈る中国の伝統行事の一つだ。中秋節は旧暦8月15日で、今年は10月4日にあたる。

 

ちょうど、国慶節(10月1日)の長期休暇であるゴールデンウィーク中のため、早くも月餅商戦がスタート!長期休暇前に贈る人や企業が多いので、9月末までが勝負になる。

 

デパ地下の特設コーナー

 

月餅は、お世話になっている会社や人に送ったり、会社から福利厚生で支給されたりするのだが、最近では友人同士など個人的に贈る人も増えてきた。

 

可愛いパッケージの茶器付きの月餅セット

 

これまではパッケージが華美で豪華に見えるものが好まれたが、パッケージが豪華すぎて、中身がともなわず、かつ価格が高すぎるとして、過剰包装が問題になり、政府の関係部署よりパッケージにかけるコストに細かい規制が設定された。今ではだいぶおさえた?パッケージになっている。

 

恒例のコーヒーフレーバーや抹茶を中心とした月餅セット

 

さて、どんなに高級でも、時には月餅の味が口にあわず、食べきれないこともある。そういう意味では、こうしたスタバやハーゲンダッツなどは、「味」に安心して購入できるし、贈り物としても喜ばれるので、若者、現地駐在員や海外からの観光客にも人気だ。

 

ただ、こうした月餅は、価格はランクにもよるが、1箱300元~600元(約5040円~10080円)と高めの設定。ちなみに「アヒルの塩漬け卵入り蓮の実あん」などの伝統的な月餅は1個から購入でき、価格も8元〜12元(約135円〜202円)からある。

 

万人受けする人気のアイスクリーム月餅

 

目新しいもの好きな上海では、伝統的な月餅のほか、こうしたブランド月餅や「ドリアン」や「ザリガニ」入りなどユニークな月餅も人気が高い。もちろん、食べる月餅だけでなく、近年では月餅をかたどった花やソープなどをDIYで贈る若者も増え、若者の間では、贈る月餅で「センスがわかる」と、どれだけおしゃれな月餅を贈ることができるか、にも関心が高い。

 

食べたくなる?香りも素敵な手作りの「月餅」ソープ

 

中華圏限定の秋の風物詩である月餅、これからますます多様化しそうな勢いだ。

 

勝負!どの百貨店も月餅商戦には力を入れたディスプレイだ!

 

この時期、中国を旅行すると、こうした地域限定版やユニークな月餅が購入できるので、海外へのお土産としても人気が高い。

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海の月餅商戦」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.