FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2021.06.26
ディスプレイ業界に革命を起こす、中国企業の新技術

■進化を遂げ、さらに発展するディスプレイ業界

日々進化を遂げているデジタル危機の中でも特に成長が著しい分野の一つが、ディスプレイだ。真空管を用いた巨大な箱だったテレビがやがてブラウン管になり、さらに液晶、有機ELといった新技術が開発されると、ディスプレイはどんどん薄く、そして美しくなっていった。そして今や、曲げたり折りたたんだりすることのできるディスプレイも登場し、さまざまな情報を表示できるディスプレイの利用価値はますます高まっている。

 

■中国企業が発表した、画期的な伸縮自在ディスプレイ

ディスプレイ業界が目指す次の技術は、自由に伸縮できる弾力性、柔軟性を持ったディスプレイの開発だという。自由に形状を変えられれば、どんなものにも張り付けることができる。すなわち、どんな場所にでもディスプレイを設置することができるようになる、非常に画期的な技術なのだが、5月に開かれた国際情報ディスプレイ学会(SID)のオンライン展示会で、広東省深セン市柔宇科技有限公司が自社開発の「マイクロLED柔軟ディスプレイ」技術を発表した。これまで難しいとされてきた、柔軟ディスプレイの設計、プログラミングなどでブレイクスルーを実現したという。

■好きな形に変えられるうえ、映像も超高精細

同社の説明によれば、このディスプレイは薄い、巻いたり折り曲げたりが可能という特徴に加えて、伸ばしたり捻じ曲げたり、回旋させたりすることができ、伸び幅は130%に達するというからかなりのストレッチ力だ。また、ディスプレイ表面に凹凸を作ることもでき、突起の頂点と平面からなる狭角が40度にまで対応しているという。そして、液晶や有機ELよりも輝度が高く鮮やかな発色が可能で、消費電力も低く抑えられるマイクロLEDを採用したことで、高い画素密度(ppi)も実現したとのことである。

 

■様々な生活シーンに革命を起こす可能性

さらに、このディスプレイの光透過率は60〜70%に達するため、自動車のフロントガラス、天窓や、ヘルメット、サングラスなどの表面に用いることができる。AR技術と組み合わせることにより、車内のあらゆる場所に様々な情報を表示することができるため、より直感的でリアルなナビゲーションシステムを作りあげることが可能になるのだ。

 

柔宇科技では柔軟ディスプレイのほかに柔軟性のある素材を用いたセンサーなども開発し、製品やソリューションプランを生み出している。将来、「柔軟性」のある電子デバイス技術がさらに発展することで、人びとの生活様式、コミュニケーション様式もより「柔軟」なものへと変化していきそうだ。

 

(出典:http://www.ce.cn/cysc/tech/gd2012/202106/20/t20210620_36654744.shtml)

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「ディスプレイ業界に革命を起こす、中国企業の新技術」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。

totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.