FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.02.14
スキー発祥の地新疆ウイグル自治区アルタイで発見 馬の毛皮で出来たスキー板!

中国がスキー発祥の地と言われると疑問を持つ人もいるだろう。しかしれっきとした証拠があるのだ。2018年2月10日、騰訊網が証拠の壁画と現在も作られている伝統のスキー板を紹介している。

 

新疆ウイグル自治区アルタイの洞窟で発見されたある壁画

上にはスキーをしている人間、下には動物が群れを成し駆け回る絵が描いてある。どうやら狩りをしているようだ。多くの検証を経て2007年1月16日アルタイは正式に「人類のスキー発祥の地」となった。

 

遡ること1万~3万年前の壁画だという(出典:騰訊網)

 

では人類最初のスキー板とはどのような物だったのだろう?
馬の毛皮で出来たスキー板を履き、足馴らしをしているのはアルタイ市から車で40分ほど走った村に住む職人のSlanbekさん、63歳。

 

こんなスキー板見たことない!(出典:騰訊網)

 

毛皮で出来たスキー板は芯材に松の木を使う。まずカットした木の先端にお湯をかけていく。

 

柔らかくし、先を反り返らせるのだ(出典:騰訊網)

 

滑走面は馬の脛の皮で包み、表面は革紐で固定していき、足を括り付ける部分を作る。

 

天然の毛皮はよく滑りそう(出典:騰訊網)

 

毛の流れに沿って滑ると、スピードが出るらしい。坂などは逆毛方向に進むと板が滑ってしまうのを防げる。
古代の人がどんな感触で滑っていたのか、1度は試してみたくなるようなスキー板だが、最近は一般的なスキー板を利用する人が増えSlanbekさんのような伝統的なスキー板を作る職人は減ってしまったそうだ。

 

現在韓国でピョンチャンオリンピックが開幕し、2022年は北京冬季オリンピックが開催される。アルタイ地区政府はスキーの盛り上がりに目を付け、若者の雇用機会を増やそうと地元の歴史的文化遺産の整備に巨額な投資をしている。

 

(情報源:http://news.qq.com/original/eyan/ey157.html

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「スキー発祥の地で発見 毛皮のスキー板」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.