FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.10.05
家は高すぎる!コンテナを住居兼オフィスにした若き実業家

2017年10月3日、騰訊網によると、浙江省杭州市でコンテナを改造して住居兼オフィスとして利用している若き実業家が注目を集めている。

 

阮晨海さんのコンテナオフィス(出典:騰訊網)

 

浙江省台州市の阮晨海さんは、仕事の都合で同省杭州市に滞在することが多い。しかし、オフィスや住居を買ったり借りたりするのはお金がかかりすぎるということで、コンテナを借りることを決意。10平方メートルの広さを持つコンテナの中に小さな折り畳みベッドを入れ、更に独立したトイレを設けた。月のレンタル料は1200元(約2万円)で、20日間ビジネスホテルに宿泊することを考えると月5000元(8万5000円)近く節約できるのだという。

 

コンテナの中とは思えないほどの充実した内装、トイレも完備(出典:騰訊網)

 

キッチンはないが、トイレは清潔。蚊が多いのが難点だが、マンションよりも豊かな自然環境だ。週末になると大学時代を思い出してコンテナの前に座ってギターの練習をするとのこと。「見渡しはいいし、プライバシーも守れる。機能も整っているうえ、ネットも超高速」と阮さんは満足げに語る。

 

豊かな自然の中で、ゆったりとした時間が流れる(出典:騰訊網)

 

大学卒業後、地元の親戚が経営する工場で10年働き、その後貿易会社を創業。やがて、取引をするだけではつまらなくなり、自ら製品を手がけてみたいを思うようになった。そして昨年8月に水質浄化関連製品メーカーを立ち上げ、現在3種類の製品を売り出している。今年9月には収支がとんとんになり、10月には黒字化する見込みだという。会社が成長したら、コンテナの数を増やしてベランダ、キッチン、事務所を備えた大型コンテナオフィスにレベルアップさせる構想だ。

 

阮さんにとっては、アイデアが湧き出る理想の場所だ(出典:騰訊網)

 

阮さんは「この建物は私を原点に立ち返らせてくれる。世俗の干渉を受けないシンプルな生活のなかで、自分のやりたいことに集中できる、理想の状態。良いデザインのインスピレーションも生まれる」と話してくれた。

 

(情報源:http://news.qq.com/original/oneday/2833.html

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「コンテナオフィス」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.