FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2021.10.26
海外ファンも多数の香港トラムがギネスに認定!

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

香港ならではの乗り物を語る際に必ず名前があがる「2階建てトラム」。路面電車・香港トラム・Ding Ding (トラムのベルの音が由来)とも呼ばれて多くの人々から親しまれ続けている。

創業1904年、香港島を東西にゆっくりと走る2階建てトラムは、移り行く香港の町並みを100年以上もの間見守り続けてきた。

香港島中心部はオフィス街やショッピング街として知られる好立地。高層ビルとビルの隙間を2階建てのトラムがゆっくり走る様は香港ならではの光景だといえる。また東や西の端の方へ行くと乾物街や庶民の居住区が増えローカルな暮らしが繰り広げられており、トラムは情緒溢れる人々の生活風景中をのんびりと走り抜ける。

 

香港トラムはどこから乗ってどこで降りても一律運賃(大人料金HK$2.6)。窓から香港の景色をゆっくり眺めながら安価で移動できるため、生活でも観光でも多くの人々が利用をしている乗り物なのだ。

 

香港トラム

高層ビルの下を走る香港トラム

 

そしてこの夏、香港トラムは「現在運行中の2階建てトラムの中で車両保有数が世界最多」ということでギネス世界記録に認定された。

 

香港トラムを運行している香港トラムウェイズによると、現在165台のトラムを保有しているとのこと。市民や観光客の足となる通常の2階建てトラムは勿論のこと、中には貸し切ったトラムの中で移動しながらパーティーができる”パーティートラム”なるものまである。

またトラムは乗るものだけではない。企業はトラムの車体にラッピングという形で広告を載せる。その広告は以前も特集をしたが、まさに種類も様々で見ていて楽しいものが揃う。最近は夜になると光る広告も投入されており、まさに時代や企業を反映している動く広告なのである。

まさに様々な場面で人々に寄り添ってきた、香港の特徴的な乗り物である。

 

香港トラム街中をゆっくりと走り抜けるトラム

 

香港トラム

2階席からの眺めは抜群

 

香港トラム

オールド香港をモチーフにしたミニチュアの世界

ここにも古きよき時代のトラムが走っている

 

 

ギネス認定記念として夏の間は期間限定のトラムグッズを販売するポップアップショップがオープンしたり、無料でトラムに乗車できる日が設定されそれぞれ人気を集めた。ギネス認定記念のスペシャルラッピングを施したトラムも街中を走っている。

 

現在は市民の足として利用されている香港トラムだが、本来は海外の観光客からの絶大な人気も誇る乗り物である。早く行き来が再開し多くの人々がギネスに認定された香港トラムに乗車できるようになる日を願うばかりだ。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「ギネス認定香港トラム」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.