FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.02.13
台湾・神猪祭り、844kg巨大豚を奉納、動物愛護から抗議も

2月9日、中国3大ポータルサイト・騰訊のニュースチャンネル「騰訊新聞」によると、台湾新北市三峡区の祖師廟で、巨大豚から剥ぎ取った皮を祀り奉納する「神猪祭り」が行われた。

1

巨大豚の皮が祀られる祖師廟(出典:騰訊新聞)

 

「三峡祖師廟神猪祭り」は、その昔、福建からの移民が三鶯と桃園大溪を開墾する際、頻繁に野獣や原住民などから攻撃を受けたことから、山神に豚を捧げるようになったのが起源だといわれている。その後、旧暦6日に開祖の誕生を祝う祭りと合同で行われるようになり、今日に至る。

2

今年の優秀賞を獲得した巨大豚は844キロ!(出典:騰訊新聞)

 

神猪祭りは、毎年、「劉姓」「大集」「陳姓」「林姓」「中床集」「李姓」「王姓」の7つのグループが交替で担当することになっている。今年は、「劉姓」が担当し、5匹の肥えた豚が重さなどを競うコンテストに参加した。

 

コンテストは、去年の旧暦12月20日に結果が発表され、劉進生(リュウ・ジンション)さんが飼育した約844キログラムの豚が優秀賞を獲得した。3年前に退職した劉さんは、日頃の神の祝福に感謝し、豚の奉納を決意。98歳の母親の健康を願い、去年9月に450キログラムだった豚を選定し、暑いときは扇風機を使用したり、強制的に餌をあげることなどはせず、飼育環境に厳重な注意を払いながら大切に飼育してきた。

 

3

優秀賞の巨大豚の遺影を持ちパレードする劉さん一家(出典:騰訊新聞)

 

2月2日早朝、劉さんの豚を筆頭に、皮を剥ぎ、祀られた5匹の豚は、街中をパレードした。去年に比べ観衆は少なかったが、沿道で爆竹を鳴らすなど歓迎された。

 

神猪祭りは、近年、動物愛護団体から抗議を受けているが、主催者の祖師廟は、地域信仰を尊重し、引き続き開催すると表明している。新北市の動物保護所は、去年末に5匹の豚の飼い主を調査し、非人道的な飼育はされていないことを確認している。また、祖師廟も屠殺は公開しないなど、文化信仰と動物愛護のバランスを保ちながら開催している。

 

4

パレードの様子(出典:騰訊新聞)

 

情報源:

http://news.qq.com/a/20170209/007225.htm

 

 

中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.